謙虚であること。

算命学では、大運天中殺という、最低20年の運勢の大きな変動期について研究が進んでいます。

 

大運天中殺は、誰にでもやって来るわけではないのですが、

働き盛りにこの大運天中殺になると、本人の実力以上に、財産や地位が上昇することがあります。

 

昔はすごかった人が、今は落ちぶれしまったり、あるいは、

裸の王様状態になって人から眉をひそめられたりするのには、

この大運天中殺が絡んでいることが実に多いです。

 

最近の不祥事などのニュースを見て、渦中の人を生年月日で調べると、

大運天中殺が終わって、それまでのような運の味方が無くなって、

トラブルを起こしている場合がほとんどです。

 

上がった運は必ずおちます。

 

大運で上昇したら、ソフトランディングの降り方をちゃんと学んでおかないと

大運天中殺がおわったら、運が急降下します。

でも、多くの場合、成功してしまった人はそのことに気づかないようです。

 

今日もまた、そんな人たちのニュースがちらほらと。

 

謙虚であること。

大切な人生の教えです。

 

 

篠田法正 

 

PAGE TOP