重陽-菊の節句-

ヤギママこらむ

重陽-菊の節句-

 

陰陽で言われる処の陽の数で、ひとケタの中の最大最強の陽の極みの数が9だそうです。

その9が重なる9月9日は「重陽(ちょうよう)」と呼ばれ、菊の節句の名でも親しまれています。

菊の花は陽の花で菊花紋は皇室や日本国の象徴でもあり、大変高貴な花とされています。

因みに陰の花は桐の花、日本国政府の紋章としても知られてますね。

 

 

その重陽の節句では、

菊の花びらをお酒に浮かべて頂く菊酒や、

前夜に菊の花を真綿で覆い夜露を染み込ませた着せ綿と呼ばれる綿を使い顔や身体を拭うと若さが保てる、長生き出来るとの言い伝えがあります。

 

菊花を楽しむのはもう少し季節が進んでからになりますが、

万人の願いの根底にあるものはいつの時代も変わらず邪気を払い長寿を願うことにあるのでしょう。

 

陽の気が強まり過ぎると陰に転ずると言われるように、

不吉とされる事を払う為の行事の一つであったのかなと考えられます。

 

 

また、いけばなでは花には霊力が宿り神が降り立つとも言われています。

神を祀る事によって安命長寿を祈る。

更に祖先信仰の風習を受け継ぎ、自分が守られているのだと気が付かされる。

 

花は神と人とを繋ぐ役割を担う存在でもあるのですね。

 

 

花の持つ力の何と偉大なことか、感動ものと感じるのは私だけでしょうか。

 

写真↑は「着せ棉」 と言う名前の和菓子です。

菊をかたどった練り切りの上に真綿が乗っています。

 

 

ヤギママ

ー人を応援したい人にきてほしいー
所詮、人間も自然の一部。その私たちの「命」の使い方について考える。

Ring the Bell

2018年9月21日開催
一般社団法人ミッションメンタリング協会設立記念イベント“Ring the Bell”

協会設立記念イベントRing the Bell
協賛してくださる方を募集しています

・協会の理念や目指すビジョンに共感していただいた方
・当日、イベントには参加できないけれど、応援してくださる方
・個別運命学相談などの協賛特典に興味のある方

協賛いただいた方には、
お名前の掲載、広報とともに、クーポンなどのお礼をご用意しております。

こちらのページをご覧ください
→ https://lp.mmp.or.jp/fukushima3

PAGE TOP