ヤギママこらむ 季節を知らせる二十四節氣-小雪-

ヤギママこらむ

季節を知らせる二十四節氣-小雪-

 

早いもので11月も半ばを過ぎ、

日々寒さが増し陽射しが冬らしくなって来ています。

 

木々も色づき始める紅葉のシーズンを迎え、

やがて本格的な冬支度が始まります。

 

 

とは言え近頃の気候は一昔前のそれとは比べ物にならない程、

とても過ごしやすくなっていますね。

 

 

それでも北の地方から雪の便りが届くのをどこか心待ちにしているような、

四季の移ろいを待ちわびている自分がいます。

 

 

二十四節氣の中の小雪は、

 

普段は見過ごしてしまう僅かな変化を

肌で感じ移ろう姿を目で追う、

季節の変化を楽しむのに最適な頃かもしれません。

 

小春日和と呼ばれるような

暖かさの時期もこの頃からでしょうか。

 

先人はとても言葉に敏感で美しい言葉、

日本語を大切にしてきたのが伺えますね。

 

 

ただぼんやりと見過ごすのでなく、

そこで感じた事をしっかりと言葉にして伝えていく。

 

 

綺麗と思ったのなら、

どこがどう美しく自分の何に響いたのか、

どんな記憶が呼び起され、

相手に何を伝えたいのか等々。

 

 

それは簡単なようで結構難しい事で、

相手を喜ばすためだけの会話では直ぐにボロが出てしまいます。

 

薄っぺらな、にわか知識ではなく

先ずは自分の心の奥深い所にどんな裏付けがあるのか確認してみる。

 

ある意味孤独な作業が続くのでしょう。

 

けれども、

しっかり自分と向きあっていくチャンスでもありますね。

 

 

ヤギママ

PAGE TOP