ヤギママこらむ 季節を知らせる二十四節氣-大雪-

ヤギママこらむ

季節を知らせる二十四節氣-大雪-

 

師走の月12月は、文字通り師が走る、

先生と呼ばれる方達が走り回る程忙しい月と言われていますね。

ただし、誰もが感じるであろう昨今の忙しさや慌ただしさは、

師走のみならず一年中が師走のようで、

常に何かに追いかけられているかの様な氣忙しさを感じる時があります。

 


さて、12月も7日を過ぎる頃は、

二十四節氣の中の大雪、「だいせつ」と読み

大いに雪が降る頃なのだそうです。

 

 

しかし、ほんの数日前の半袖で過ごせる程の生温かい空気は、

昨年迄の暖冬と呼ばれるものとはるかに様子が違っているように思われます。

 

まるで大地に眠る巨大なエネルギーの渦がうねり、

行き場を無くし、

天空にまでその影がおおいかぶさり、

自然界に訴えかけているかの如く。

と、そこまで想像してしまうのは少し大げさでしょうか。

 

それでも季節は確実に大雪そして冬至へと向かっていて、

どこかで急激な気温の低下により大雪に見舞われ出す事も。

 

 

きっとそうやって、万物はエネルギーバランスを取り保っているのでしょうか。

 

そう、人間も同じですね。

 

いつも心と身体のバランスが取れて調和しているのが理想ですが、

現実には、こだわりや偏り、癖や思い込みなど様々な感情や思考があるのは当然で、

良くも悪くも自分に都合の良い方向に向かう習性があります。

 

そんな時こそ自然を見習い、

自然の中に身を置き、ニュートラルな自分を思い出してみる。

自分の中の中庸、中心は何処かと問うてみる。

 

やがてそこから一歩が始まるのではないでしょうか。

 

ヤギママ

PAGE TOP