ヤギママこらむ
季節を知らせる二十四節氣
-立春-

ヤギママこらむ

季節を知らせる二十四節氣-立春-

 

平成31年己亥(つちのとい)歳2月4日は二十四節氣の始まりの立春です。

 

季節は巡り春を迎え梅の花が芳しく咲きほころび、あちこちで梅まつりの賑わいがみられ始めます。

 

既に一年の目標を立てバリバリ行動している方も多い事でしょう。

 

 

 

己(つちのと)は十干の中の6番目の土の陰ですね。

 

己は草木が成長し生い茂っている様子を表しているのだとか。

 

整然と整えられている状態のものもあれば、雑然としたものもあるのでしょう、それを規律あると捉えたり乱雑と捉えたりと受け取る事が出来そうです。

 


人間や世の中の動きに例えてみると、人間は成長の時期で不完全な自己がやがて完全なものへと向かっていく、世の中においては組織や集団が次の段階へと向かう準備をする歳なのだそうです。

 


人においては、自分が不完全である事を認識していれば次の成長の糧となる困難に遭遇しても受け止め立ち向かう勇氣が湧いてくるものです。

 


そしてそんな人の姿はとても美しいものですよね。

 

 

 

さて、今年の干支の亥(いのしし)は、十二支の最後を締めくくりますね。

 

成長した植物に例えると花が散りやがて種になる。

 

種のままでは発芽出来ませんから、土に蒔き水や肥料を与えることにより新たな芽を出す準備を始める。

 


そう、種に新しい命が吹き込まれる、循環ですね。

 


その種と土は果たして相性は合っているのだろうか、充分な陽当たりが必要なのか、日陰の成長を好むのかー。

 

などと考えていくと人や組織の成長にも同じ事が言えそうですね。

 


自己の成長と組織の成長、今年はどちらも心がけて行動を起こしてみるのが良いようです。

 

ヤギママ

バックナンバーを読む

■博士の応援ブログ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/hakase/

■ヤギママこらむ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/yagimama/

PAGE TOP