ヤギママこらむ 季節を知らせる二十四節氣−立夏−

ヤギママこらむ

季節を知らせる二十四節氣-立夏-


「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」山口素堂


八十八夜の別れ霜、茶畑で茶摘みによる新茶が出回り、五月晴れの空には真鯉緋鯉が元気に泳ぐ風薫る5月。

春の土用が明け季節の移り変わりを肌で感じながら、清々しい立夏を迎える時期となりました。




やがて今年も暑い夏がやってくると思う矢先、外は既に夏を思わせるような強い陽射しです。

それでもまだ、生き生きと輝く青葉は目に優しく、遠くの山から「ほととぎす」の澄んだ鳴き声が。

旬の初鰹をいち早く食したりと、粋な江戸庶民を真似てみるのも乙なものです。



さて氣候の良さにも誘われて、思い立って墓参へ行って参りました。

氣がかりな事は後に残さず、氣持ちの整理と共に祖先に想いを馳せてみたくなっての外出でした。

改めて人との繋がりによって生かされていると再確認し感謝を捧げるのを忘れないよう胆に銘じて、いつもより静かに合掌する時間が長かったかも知れません。


想いを言葉に形にしていく作業は、延々と続く終わりの無い自分の中の課題。

自分が伝えるものは何なのか、後世に残したいものは?などとあまり大仰にせずに、もっとさりげなく何氣なく出来ないものかと、この歳になったからこそ敢えてそう思ってみる昨今です。

例えば巡る季節の中で、この花を見るとあの人を思い出す、とか。この場所に行くとあの人とした話を思い出し反芻したくなる、みたいな。



薫風と呼ばれる爽やかな風のような存在であり続けたいと願い、さらりと笑顔で手を振ってみたくなる、そんな自分がいます。

ヤギママ

バックナンバーを読む

■博士の応援ブログ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/hakase/

■ヤギママこらむ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/yagimama/

2019年5月10日まで募集 無料メールセミナー
東洋に古来伝わる自然界の法則で人が自発的に動く!

「人を支援する仕事」をされている方
これからしようと考えている方へぜひメールセミナー(ミッションメンタリング入門講座)の配信登録を。
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarB

56276060_2310139345922730_5129798226970411008_n
PAGE TOP