Chikakoハッピーコラム 季節を表わす二十四節氣「白露」

白露(はくろ)

 

 

2020年9月7日

 

大氣が冷えてきて露ができ始める頃。

 

 

 

朝露が草の葉に宿り、白く輝き

 

夜間の冷え込みを知らせてくれます。

 

 

 

「陰氣やうやく重りて、露にごりて白色となればなり」

 

 

 

この日から「仲秋」

 

昼夜の氣温差大きく、朝夕は肌寒く感じる、本格的な秋の到来です。

 

 

 

草露白(くさのつゆしろし)

鶺鴒鳴(せきれいなく)

玄鳥去(げんちょうさる)

 

 

草に降りた露が、白く涼しく光る

川の上流域でセキレイが鳴き始める

つばめは南へ帰って行く

(また、来年の春先の再会を楽しみに待ちましょう)

 

 

『露が降りると晴れ』という言葉のように

 

朝露は、その日のお天氣を伝えてくれます。

 

 

 

本当に、自然界はいつも私達に自然を通して

 

いろいろな事を教えてくれますね!

 

 

妙高高原(妙高山) 黒姫高原からの景色

 

 

 

9月9日は『重陽の節句』

 

奇数=陽数、

偶数=陰数、

 

 

陰数が重なっても、陰数ですが

 

陽数が重なると、陰に転じるとも考えられ

 

邪氣を払い神様をお迎えする行事が必要という思いが

 

次第にお祝いのかたちとなり、

 

陽数の最大値、9が重なる9月9日を

 

 “重陽(ちょうよう)”と呼んで特におめでたい日として祝ってきました。

 

 

 

また、旬をむかえる “菊” は、

 

邪氣を払い不老長寿の霊力を持つと考えられてきましたので

 

9月9日、重陽の日が『菊の節句』というのも納得ですね。

 

 

 

重陽の日は秋の収穫をお祝いする、

 

「くんち」というお祭りにもなったようで

 

ナスの煮びたしなどを食べて、不老長寿・無病息災を祈るそうです。

 

 

くんち=九日⁉︎ にナスを食べると、中風にならないという言い伝えがあるようですよ。

 

 

 

 

9月第3月曜日は『敬老の日』

 

 

多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日。

 

 

 

昔、「人生五十年」と言われていた時代、

 

幸運だから長く年齢を重ねられることができたと捉えて

 

老後という言葉ではなく “老いに入る”  という

 

軟らかく、知的な言葉で表現されていて

 

知恵深いお年寄りを、尊敬し、大切に敬っていたのが読み取れます。

 

 

 

激動の時代を生きて、

 

年月をかけて身につけた知恵はかけがえのない

 

貴重な日本の財産だと思います。

 

PCで瞬時に得られる情報とは違うのです…

 

 

そのお年寄りの知恵を受け継いで、活かしていかれるといいですね。

 

 

 

 

長寿のお祝いを書き出してみました。

 

 

【還暦】かんれき(六十歳)

カラー <赤色>

干支は60年で一巡。

暦が元に戻り、赤ちゃんのように新しい生命力を得て

元気に過ごして欲しいという願いが込められて、

赤には、魔除けの力があるとされています。

 

 

【古希】こき(七十歳)

カラー <紫色>

中国の詩人杜甫の作「曲江」の一節

『人生七十古希稀なり』に由来。

当時、七十歳まで生きているのは珍しかったのでしょう。

現在では、還暦よりも本格的な長寿のお祝いですね。

 

 

【喜寿】きじゅ(七十七歳)

カラー <紫色>

日本発祥のお祝い

室町時代に始まり、庶民に定着したのは江戸時代。

「喜」の字を草書体で書くと七十七に見えるため。

 

 

【傘寿】さんじゅ(八十歳)

カラー <黄色(金茶)>

日本発祥のお祝い

「傘」の字の略字が、八と十を重ねた形で

八十に見えることから、やそじゅとも読む。

 

 

【米寿】べいじゅ(八十八歳)

カラー <黄色(金茶)>

「米」の字が、八と十と八からできているから。

現代でも長寿ですし、八が重なる縁起のいい歳です。

 

 

【卒寿】そつじゅ(九十歳)

カラー <紫色>

「卒」の字の略字が、九と十を重ねて九十に見えることから。

紫は、高貴な色でおめでたい長寿のお祝いに用います。

 

 

【白寿】はくじゅ(九十九歳)

カラー <白>

日本発祥のお祝い

「百」から「一」を引くと『白』、そして九十九になるので。

白には、健康・神聖・祝福 の意味があります。

 

 

【百寿】ひゃくじゅ(百歳)

カラー <白>

六十歳を下寿、八十歳を中寿、

百歳を上寿としたことから上寿(じゅうじゅ)、

100年は一世紀なので紀寿(きじゅ)、

また百寿(ももじゅ)などの呼び名があり、

『百賀(ももが)の祝い』とも言われます。

百歳以上は毎年お祝いですね。

 

 

この後も、茶寿・皇寿・大還暦・そして二百五十歳の天寿と続きます。

 

 

 

 

すがすがしく、キリッと澄み切った高い空を見つめながら…

 

命は与えられた、自分が使える時間、

 

だからこそ精一杯、自分らしく

 

寿命を全うしたいですね!!

 

 

 

水引草(みずひきそう)一つの花に赤と白の二色
細長い茎に小さな赤と白のお花が、祝儀袋の水引紐に似ているので名付けられた様

 

 

ミッションメンタリング協会認定マスター
周防千賀子

*期間限定募集中*

リーダー、コンサルタント、コーチ、親、教育者、経営者など、人を導く立場にいらっしゃる方々へ。

【相手の個性と才能を読み解き、相手を導くスキルが身につく講座】
応用講座、実践講座、マスター養成講座の募集が、始まりました!

 

ミッションメンタリング基礎講座(ファースト講座、セカンド講座)の上級講座にあたります。

  • ミッションメンタリング応用講座
  • ミッションメンタリング実践講座
  • ミッションメンタリングマスター講座

の3つです。(以下、本講座)

 

基礎講座が、「自分を知り、ブレない自分軸をつくる講座」であるのに対し、これらの本講座は、相手に対して、東洋運命学やメンタリングで無理なく自然に最適な方向へ導いていくということを目的にしています。

 

このスキルを身につけることにより、コンサルタントやコーチなどのプロの方は、クライアントの成長が圧倒的に早くなり、成果が目に見えて出るようになるので、リピートやクチコミが増えていきます。(スマホで使える宿命分析ツールは、集客にも効果的です)

 

また、リーダーや親、教育担当者の方は、相手が、自分の宿命にあうものを見つけて、自ら動き出して最高のパフォーマンスを発揮するように支援することができるようになります。

 

これまでは、東京、名古屋、富山、福岡など、地域を限定して開催してきましたが、このたび、zoomオンライン開催も可能になってきましたので、対象は、全国(海外も!)に広がりました。

 

 

ただし、

実は、これら3つの講座を合わせると、全部で60時間、約4ヶ月にわたって学ぶ本格的な講座になりますので、年に2回しか募集していません。また、営利企業ではなく、協会ですので、協会の理念やバリューに共感いただける方にのみ受講いただこうと思っています。

 

協会の理念はこちらです。
https://mmp.or.jp/about/platform/

また協会メンバーが大切にしているバリュー(価値観)は、こちらです。
https://mmp.or.jp/about/platform/mm5value/

 

 

これまでにも、「ミッションメンタリングはどこで学べるのですか」とお尋ねいただくことがあったのですが、いよいよ、今月から来月にわたって、ご興味のある方に向けて、ミッションメンタリングの入門講座&説明会を開催していきます。

 

案内ページはこちら。

============
ミッションメンタリング入門講座&説明会
→ https://lp.mmp.or.jp/nyumon0
============

この入門講座&説明会を経て、本講座に早めにお申し込みになる場合、本講座の受講料が安くなる「早期申込割引」が適用されます。

 

もし、本講座に興味があるなという場合は、入門講座&説明会を早めに受講されることをお勧めいたします。

このチャンスをお見逃しなく、今すぐこちらからご確認ください。

 

============
ミッションメンタリング入門講座&説明会
→ https://lp.mmp.or.jp/nyumon0
============

ミッションメンタリング®︎
本格メールセミナー

相手が“自然に”動き出す
3つの技術

(無料、全5回)
行動の理由がわかる
“キャラクター診断”つき
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC

自分軸確立ストーリー
“私”らしく輝く

私の人生、なんで、うまくいかないのかな・・・。

そうか、私、自然に逆らってたんだ!

これは、とある女性が、本当の”自分らしさ”に氣づき、自分軸(人生ミッション)を見つけ、起業に成功した、実際のお話を、ご本人の脚本、主演により再現した動画です。

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにて講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

PAGE TOP
string(69) "/home/mmplat/mmp.or.jp/www/cms/wp-content/themes/mmp201806/single.php"