博士の応援ブログ

Chikakoハッピーコラム 季節を表わす二十四節氣【春分】

【春分(しゅんぶん)】

 

2021年3月20日

 

 

“自然をたたえ、生物をいつくしむ日” 【春分】

よく知られている二十四節氣のひとつだと思います。

 

昼間の時間と夜の時間がほぼ同じ、

この日を境に夏至まで徐々に日脚が延びていきます。

 

 

「日天の中を行て昼夜とうぶんの時なり」

 

昼夜の長さが等しくなる時…ですが

実際は昼の時間の方が14分長いそうです。

 

 

雀始巣 (すずめはじめてすくう)

桜始開 (さくらはじめてひらく)

雷乃発声(かみなりこえをはっす)

 

雀が巣を作りヒナを育てる準備を始める時期。

鳥さん達は枯れ枝や枯れ草、藁などで上手に巣を作りますよね。

お見事な出来ばえに感心です。

 

桜のつぼみが柔らかくほころんで開く時期。

さくら前線の北上と共に、各地から “開花宣言” が聞こえてくる頃です。

 

雷が鳴ると春の到来‼︎

恵みの雨を呼ぶ雷が鳴り始める時期。

不安定なお天気でもありますが、もうすぐ春爛漫です。

 

 

 

 

本日、太陽が真東から登り真西に沈んでいく日。

 

『春のお彼岸の中日』

 

この日を中心とした一週間がお彼岸期間です。

 

真西に太陽が沈むこの時期、

西の『彼岸』のご先祖さまの極楽浄土と

東の『此岸』のこの世の私達と

最も通じやすい日とされています。

 

それでお墓参りの習慣があるのですね。

 

牡丹餅や好みのお花をお供えして、

遥かなご先祖さまへも想いを馳せて

ゆっくり流れる時を楽しむのもいいですね。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉があるように、

寒気も和らぎ日差しも春らしく暖かく

過ごしやすい頃になります。

 

但し、春の邪氣『風邪(ふうじゃ)』にはまだ暫くご注意くださいね!

 

 

また桜が咲く季節は、

お別れと新たな出会いの時期でもありますね。

 

 

 

神様が坐する木、『沙 坐』(さくら)に見守られながら

軽やかに新たなスタートをしていきましょう!

 

 

 

ミッションメンタリング協会認定マスター
周防千賀子

PAGE TOP