博士の応援ブログ

Chikakoハッピーコラム 季節を表わす二十四節氣【清明】

【清明(せいめい)】

 

2021年4月4日

 

空は清く澄んで、

気候は温暖で清々しい時期

春の息吹きが感じられます。

 

 

「万物発して清浄明潔なればこの芽は何の草としれる也」

 

万物とは・・・すべての草木の事

発してとは・・・芽吹く事

清浄明潔とは・・・
全てのものが明るく清らかで生き生きしている
空気が澄んで、陽の光は万物を照らし
全てがはっきり鮮やかに見えるという事

 

 

空は晴れわたり、

明るくキラキラと活気に溢れて

いっせいに咲いた草花の名前も明らかになる時期。

 

清々しくフレッシュな季節の香りがしてきそうですね。

 

 

玄鳥至(つばめきたる)

鴻雁北(がんきたへかえる)

虹始見(にじはじめてあらわる)

 

寒い冬を南の島で過ごしていたツバメが

海を渡りやって来る頃。

 

ツバメはお家の軒下や、

駅のホームなど人の近くに巣を作りますので

私達にとっても親しみある鳥ですよね。

 

それは天敵のカラスやヘビから逃れる為なのですが、

空中で虫を捕らえますし、

作物を荒らないですし、

 

本格的な春と農耕シーズンの始まりを知らせる鳥として

昔から大切に扱われてきました。

 

 

逆に、冬の間を日本で過ごしていた雁が

シベリアへと帰っていく頃

 

北半球で子育てして、

秋にはまた日本にやって来ます。

 

雁も昔から人間と深い関わりがあるようで

『雁金』(かりがね)の家紋って

ガンのデザインなんですよね。

 

 

春が深まり空気が湿って、

雨あがりに綺麗な虹が見られる頃。

 

空にかかる虹を大きな「蛇」に見立てたので

虹は『虫編』なのだそうです。

 

 

 

本日、4月4日は

イースター(復活祭)でもあります。

 

春の訪れを祝うお祭り。

 

えっ〜⁈

こんなに早かったでしたっけ…

と私も驚いたのですが、

 

確か昨年は4月12日でしたので

早いように感じたのですね。

 

イースターは

春分の次の満月からの最初の日曜日

決まっていますので毎年異なる日になります。

 

「たまご」は…生命の象徴

「うさぎ」は…子孫繁栄の象徴

 

春の女神エオストレ(EOSTER)は

太陽と共にやってくるので

東はイースト(East)となったそうです。

 

 

始まりの地点でもあり、

春の喜びを表わす意味でも

爽やかな明るい色でお祝いしましょう!

 

うららかな柔らかい日差しの中、

新たなスタートをきったり、

新生活を始めた方も多いと思います。

 

 

新たな環境に馴染むためのエネルギーが必要な時こそ

芽吹いた草木のように自然界の生命力を分けてもらい

清浄明潔の清々しい活気あふれた

心おどる春の息吹きで乗りきりましょう!

 

 

 

 

ミッションメンタリング協会認定マスター
周防千賀子

PAGE TOP
string(69) "/home/mmplat/mmp.or.jp/www/cms/wp-content/themes/mmp201806/single.php"