博士の応援ブログ

Chikakoハッピーコラム 季節を表わす二十四節氣【小雪】

【 小雪(しょうせつ)】

2021年11月22日

 

冷え込みが次第に厳しくなって

北風の冷たさをはっきりと感じられるようになります。

 

雪が降りはじめますが、まだ積もるほどではないので『小雪』だそうです。

 

 

「冷えゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」

 

日照時間も短くなり、空気が冷えて雨がふってくる間に雪となって降って来る。

 

北国から雪の便りが届き、まだ本格的な冬ではないとわかっていても

寒さに慣れていないこの時期、急激な冷え込みは辛いですよね。

 

 

 

〜七十二候〜(しちじゅうにこう)

春夏秋冬一年間を二十四分割した二十四節気を更に三分割したのが七十二候。
⁡季節それぞれの出来事をそのまま名前にした言の葉、約五日ごとに移ろう細やかな季節。

 

①初候11/22〜11/26 虹蔵不見(にじかくれてみえず)

曇り空が多く、虹が見えなくなる頃。

虹は太陽光が雨にあたって屈折することで現れるので、
日差しも弱く、空気は乾燥してくるこの時期になると、夏の空のようなくっきりとした虹ではなく、
ぼんやりと白っぽくなったり、もし見えてもすぐに消えてしまいます。

「蔵」くらと書いて隠れる(かくれる)と読みます。
蔵は物をしまっておく場所でしたり、お蔵入りという言葉もありますように、
隠して表にあらわさない、という意味なのでしょう。

「隠」ではなく「蔵」という文字、この季節にお似合いな感じがしますね。

 

②次候11/27〜12/1 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

冷たい北風が木々の枯れ葉を落とす頃。

「朔」とは、新月の日で一日(ついたち)とも読まれ、月の一日目を指します。

一番目、つまり「はじめ」、
十二支を方角で表わすと、一番はじめ(朔)の干支は「子」
子(ね)の指す方向は、『北』という事で「朔風」とは北風、木枯らしのこと。

冷たい北風に木々の葉が舞い落ちる、
落ち葉時雨の後は地面がたっぷりの日差しを受ける冬枯れの景色…
そんな風景さえ、殺風景と思いがちな寒々と枯れ果てた景色に、
完全ではない美しさを見いだす感性が『枯れ、冷える』をやがて『わび』『さび』へと変化させていった
いにしえの茶人の感性に感嘆するばかりです。

 

余談ですが…

『日本近代詩の父』と言われる 萩原朔太郎
長男で一日生まれなので「朔太郎(さくたろう)」という名前になったそうです。

※萩原朔太郎(1886年11月1日〜1942年5月11日)

 

 

③末候12/2〜12/6 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

たちばなの実が黄色く色づく頃。

『橘』、古代日本では柑橘類の総称だったようで、
京都御所の「右近の橘」は、ヤマトタチバナ種で、文化勲章はこの花をかたどっているそうです。
日本に自生している常緑樹で、冬でも青々しているので「永遠」の象徴とされ、
その実は古事記や日本書紀には「不老不死」の実として登場しているようです。

そんな日本固有の柑橘類ですが、現在は絶滅危惧種に指定されているとは…
古くから日本に自生していた植物なのに、失われつつあるというのは寂しく感じられますよね。

 

 

 

明日、11月23日は『新嘗祭』(にいなめさい)ですね。

※新嘗祭とは、稲の豊作を祝い、来年の豊穣を祈願する収穫祭のこと。
天皇陛下が新穀を天照大御神にお供えして自らも食することで、収穫への感謝を表わす儀式が執り行われます。

 

現在は「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」を趣旨とした

勤労感謝の日で、祝日となっていますよね。

 

新嘗祭の方が自然界への感謝も含めて、季節に寄り添っている日本らしいと思いますし、

今でも、この新嘗祭が終わって、初めて今年の新米をいただくご家庭もいらっしゃるようですので、

この「新嘗祭」という言葉だけでも伝え続けられるといいですよね。

 

 

またまた余談ですが…

 

「杉玉」(すぎだま)ってご存知でしょうか⁈

酒蔵や酒屋の軒下に下がっている大きな玉です。


 

杉玉の飾りは、奈良県にあるお酒の神様を祀る、

大神神社(おおみわじんじゃ)の文化だったと言われています。

 

毎年、11月14日に「美味しいお酒ができるように」という願いを込めて

杉玉を飾っていた風習が江戸時代から全国の酒蔵に広がったそうです。

 

大神神社がある三輪山の杉は聖なるものとされているため、この杉を使った杉玉ができたとされています。

 

2月〜3月に飾られ始めます。

そう!この時期といえば新酒の季節、つまり「今年も新酒ができました」という目印になっているのです。

 

もちろんこの時に飾られる杉玉は、杉の緑色をしています。

そして、季節が過ぎ夏頃には緑が薄くなり、秋ごろには枯れて茶色くなります…

 

杉玉が

新鮮な緑色(2月〜6月頃))新酒の季節
薄い緑色(初夏〜夏頃)夏酒
枯れた茶色(秋頃)ひやおろし

というように、日本酒造りの時期と杉玉の色はリンクしているのですね。

 

季節の移り変わりと共に変化していく杉玉で、

日本酒の熟成具合、今が旬の日本酒にも氣づくことが出来るって、日本人らしい風情がありますよね。

 

でも、なぜ杉⁇ と思っていたのですが

 

日本酒の醸造過程で、日本酒の元となる麹造りに使用する「麹蓋」は杉の板で作られていたり、

以前は杉材の木桶で仕込みや貯蔵していたり、

酒母やもろみを混ぜるための櫂なども杉材で作られていました。

 

確かに、お祝いの時の樽酒の樽は日本産の杉で作られていますし、

日本酒を貯蔵することで、日本酒に杉の香りがほのかに移り爽やかな日本酒になりますね。

 

つまり、日本酒と杉は密接な関係があったのですね。

そんな大切な存在である杉で作られているからこそ、酒蔵は杉玉を飾っているのですね。

とても素敵な日本文化だと思います。

 

 

 

今はまだ「冬めく」でしたり「冬浅し」の時期ですが、

朝晩の冷え込みで“お鍋料理”が恋しくなりますよね。

 

旬の食材が沢山入ったお鍋は、体を温めて体調も整えてくれます。

白菜や大根も甘味が増して美味しい時期です。

 

しっかり食べてこれからの冬本番に備えましょう!

 

 

ミッションメンタリング協会認定マスター
周防千賀子

\5期生募集中/

ミッションメンタリングマスター養成講座
https://lp.mmp.or.jp/nyumon0

ミッションメンタリング協会では、算命学『宿命分析』をもとに、持って生まれた才能を活かす『自分軸』をつくる方法を提供しています。

そして、その方法を使って、クライアントの人生やビジネスを加速する支援をする人(マスター)を育成しています。

ミッションメンタリングマスター養成講座、来年早々開講です!

【入門講座】開催中
関心のある方は、お早めにご確認ください。https://lp.mmp.or.jp/nyumon0

PAGE TOP