博士の応援ブログ

Chikakoハッピーコラム 季節を表わす二十四節氣【立春】

【 立春(りっしゅん)】

2022年2月4日

 

ようやく“春”という文字…

 

暦の上では今日から春。

字のごとく「春立つ」時節、寒い冬は峠を越えて春に向かいます。

 

 

「春の氣立つを以って也」

 

春の氣配を感じはじめる、春のスタート。

少しずつ春らしさを実感出来る様になりますね。

新しい四季のはじまりです。

 

 

新しい四季の最初は

立春
立夏
立秋
立冬

「四立」(しりゅう)

 

それぞれの前日は、季節を分ける『節分』。

 

今は立春前日のみ注目されますが、年4回あるのです。

 

 

そして

夏至
冬至
春分
秋分

「ニ至ニ分」(にしにぶん)

 

夏至は昼が最も長く、冬至は夜が最も長い

春分・秋分は真東からの日の出で、共にお彼岸の中日にあたります。

 

つまり

「ニ至ニ分」の中間点が「四立」、

【立春】は冬至と春分の中間点、

「寒の入り」(小寒から)した『寒』の時期が明ける「寒明け」とも言われます。

 

 

〜七十二候〜(しちじゅうにこう)

春夏秋冬一年間を二十四分割した二十四節気を更に三分割したのが七十二候。
⁡季節それぞれの出来事をそのまま名前にした言の葉、約五日ごとに移ろう細やかな季節。

①初候・第一候 2/4〜2/8
東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東からの春の風が、池や湖の凍りをとかしていく頃

 

東風(こち)は春の兆しとなるあたたかい風=春風

陰陽五行で、「東」は『春』を表しますものね。

“梅東風”(うめごち)・”桜東風“(さくらごち)と呼ぶこともあるそうです。

 

②次候・第二候 2/9〜2/13
黄鶯睍睆(うぐいすなく)

うぐいすが綺麗な声で鳴き始める頃

 

春の到来を告げる「春告鳥」(そのままでした…)

冬の間、山中で過ごし春の訪れと共に山里へ下りて来る、春を象徴する鶯。

美しいさえずりの『ホーホケキョ♪』が、早春の澄んだ空気に清々しく木霊しますね。

 

③末候・第三候 2/14〜2/18
魚上氷(うおこおりをいずる)

暖かくなり、湖や川の氷が割れて魚が跳ねるのを見るようになる頃⁡

 

氷下で泳いでいた魚が飛び出して来る様子、

水の中にゆらゆら泳ぐ魚の姿が見えるようになる。

すぐそこまで来ている春の息吹、

空気や植物だけでなく水の中でも春の訪れを感じられる時期なのですね。

 

余談ですが…

 

うぐいすが鳴く頃に旬を迎える小松菜は、アブラナ科の野菜の一種で「鶯菜」「冬菜」とも言われているそうです。

ビタミン、カルシウム、鉄、食物繊維に富んだお野菜、葉肉は柔らかくクセのない味ですので

茹でて和え物にしたり、煮崩れもしませんので煮ものもお勧めです。

アブラナ科の野菜が咲かせる黄色い花全体を菜の花というそうです。

立春といえば【立春大吉】

 

 

縦書きにすると左右対称となるおめでたい文字。

厄除けのおまじないで、一年間災難にあわないと言われています。

 

手書きでも良いそうですので、

縦書きに書いて、

お家の入り口や大切なお部屋の入り口の目より高い位置に貼ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

『八十八夜』や『二百十日』『二百二十日』とは、本日、立春からの日数です。

 

ここからも解るように、立春は一年のはじまり、大事な新年スタートの日なのですね。



 

京都伏見稲荷神社「初午(はつうま)大祭」今年は2月10日。

 

春の訪れをお祝いする稲荷神社のお祭り。

2月の初めの『午』の日に行われます。⁡

『初午』『福参り』ともいわれ、商売繁盛 家内安全 豊作祈願 などのご利益があり、

「稲生り」「稲成り」ともいわれる大切な五穀豊穣を司る神様で

賑やかなことがお好きなので、赤い幟(のぼり)を立てて、お赤飯・油あげ・お神酒をお供えします。

 

稲荷神社の神使は「狐」さん、もちろん大好物はお揚げさん。

この日の稲荷寿司はいつもとちょっと違うお味かも知れませんね…

 

 

 

お酒好きの方にはたまらない⁈ 【立春朝搾り】

蔵元が節分の夜から一晩中もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあがったばかりのお酒のこと!

 

甘党の方にはこちら【朝生菓子】

朝作り、その日のうちにいただく上等な生菓子は通年ありますが

立春の朝に作られた生菓子を、その日にいただくと縁起が良いそうです!

 

日足ものびて、木々も次第に芽吹き

お花もほころび始める自然界に後押しされて、

 

冬の間に貯めていたエネルギーを活かして

希望の新たな一歩の始まりの合図

 

それが【立春】なのですね。

 

爽やかに、軽やかに、一歩を踏み出してまいりましょう!




《薬膳一口メモ》

 

寒冷から段々暖かくなる季節の「春」

陰の氣が弱まり、陽氣が強くなり体内の氣も上に向かいます。

“春一番”と言われるように『風』の影響を受けやすい時期。

 

この『風』の邪氣=風邪(ふうじゃ)

風のように素早く動き回り、上半身を傷め、

熱・頭痛・くしゃみ・鼻水・目の充血・肌トラブル・花粉症

そして、関節痛や筋肉痛・神経痛などを招きますのでご注意を‼︎

 

ミッションメンタリング協会認定マスター
周防千賀子

\2月6日イースト・プレスから発売!/

一般社団法人ミッションメンタリング協会 代表理事の篠田法正です。
このたび、私の2冊目の本「東洋の成功法則」が2月6日から発売されます。

世の中にあふれる西洋的なビジネススキルや理論を知るよりも、自分の才能を生かす方法を知ることのほうが、圧倒的に速く、成功へと近づくことができます。そしてそれは同時に、「なぜ働くのか」「どうあることが幸せなのか」を明確にする過程であり、自分らしい理想的な将来を手に入れることでもあります。
いま、多くの人は「迷い」を抱えています。人生やビジネスにおいて「どちらに進めばいいか」の答えを見出せずにいるのです。西洋のマネジメント論は、進む方向の決め方についての明確な指針を持っていません。
算命学を活用して自分のミッションを知ることは、これからの時代に必須のビジネススキルなのです。

「東洋の成功法則」ご紹介ページ

王者の成功占術も好評発売中!

PAGE TOP