博士の応援ブログ

Chikakoハッピーコラム 季節を表わす二十四節氣【芒種】

2022年6月6日【芒種(ぼうしゅ)

 

芒種(ぼうしゅ)…

あまり耳慣れない言葉かもしれません。

 

「芒」は「のぎ」とも読み

稲穂や麦穂の先端にある尖った針状の部分(毛)の事。

穀物の種まきや稲の植え付けに適した時期とされた芒種です。

 

一方でそろそろ梅雨入り間近となります。

 

 

「芒ある穀るい稼種する時なれば也」
(のぎあるこくるいかしゅするときなればなり)

 

「稼種」とは種を植えること。

つまり、芒ある穀物を育てるための種を植える時期。

実りにむけてのスタートですね。

 

昔、田植えは今と違い”水苗代“と言って稲の苗を水田で育てていたため、

今より生育が遅かったので

田植えは6月に入ってから行っていたようです。

 

〜七十二候〜(しちじゅうにこう)

春夏秋冬、一年間を二十四分割した二十四節気を更に三分割したのが七十二候。
⁡季節それぞれの出来事をそのまま名前にした言の葉、約五日ごとに移ろう細やかな季節。

①初侯・第二十五侯 6月6日~6月10日
蟷螂生(かまきりしょうず)

秋に産みつけられたたまごからカマキリが誕生する頃

 

カマキリは農作物には手をつけずに害虫を捕まえてくれる、ありがたい存在だそうです。

二百匹ほどの小さな命が生まれても、大人にまで成長できるのは僅か2~3匹ですって…

 

 

②次侯・第二十六侯 6月11日~6月15日
腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)

ホタルが暗闇に光を放ち飛び交う頃

 

湿度の高い季節を迎え、野原では蒸れて腐りかけた草の下でホタルが光を放ち始めます。

ホタルの青白い光は、蒸し暑い夜に“涼”を与えてくれます。

都内の某ホテルでもお庭にホタルを放して、夏の夜のつかの間を楽しむイベントがありましたよね。

 

 

③末侯・第二十七侯 6月16日~6月20日
梅子黄(うめのみきばむ)

ウメの実が薄黄色に色づく頃

 

ウメの実が薄黄色になると「梅干し」作り開始の合図ですね。

青梅で、梅酒や梅シロップ、カリカリ梅を仕込んで、完熟梅で、梅干しや梅ジャムなど作ります。

「梅仕事」でいろいろに活用出来ますね。

 

梅雨(つゆ/ばいう)という言葉は「ウメの実が熟す頃の雨」という意味だそうです。

雨により水分を与えられて、お日様のひかりを浴びて大きく美味しく生育していく。

昔から梅は、殺菌作用や血液浄化により、疲労回復・食欲増進・夏バテ防止などにお役立ちな保存食。

 

自然界からの恵みを加工して最強の食品へと変えていく。

自然も人間も素晴らしいですね。

 

 

梅雨のお花といえば「紫陽花(あじさい)」ですよね。

 

日本国有の紫陽花、『万葉集』にも見られて、現在は3,000種類以上あるそうです。

 

紫陽花の名所といえば 鎌倉でしょうか…

 

『明月院ブルー』と言われる青一色のヒメアジサイや、

『長谷寺』の赤や青、白や紫の色とりどりな品種など

お寺と紫陽花って…

 

昔、梅雨どきの流行り病で多くの方が亡くなり、

その方々の弔いのため、この時期に咲く紫陽花を植えたそうです。

 

現在も受け継がれて、

この時期に美しく華やかに咲く紫陽花を愛でに

訪れる人々で賑わうお寺をきっと喜んでくれているでしょうね。

 

 

余談ですが…

 

紫陽花のお花って散らないんですって!

 

開花後、切り取らずそのままにしておくと色褪せたセピア色に。

それは「秋あじさい」と呼ばれるそうです。

 

・・・と言っても皆さまが思い浮かべている紫陽花のお花、

あの綺麗に開いたお花だと認識している花びら…

 

実はお花ではないのです!!

 

 

「ガクアジサイ」を思い出していただけると解ると思いますが

お花だと勘違いしている部分は『ガク』なのです。

紫陽花は、綺麗なガクのお花なのですね。

 

 

もう一つ

カマキリについての余談ですが

 

農作物をあらさず害虫を食べるカマキリは、カエル・トカゲ・ネズミ・なども食べるそうです。

 

ちょっとビックリです‼︎

あの細い体で貪欲な捕食者だなんて…

 

でも人間はもし噛まれたとしても、

毒や感染する病気を持っている訳ではないので深刻な怪我ではないとの事。

 

また、

カマキリは、飛んでいる時にコウモリが獲物を狙っている超音波を感知して、

即座に飛行ルートを変更。螺旋状に急降下するようです。

そんな繊細で器用なところもあるのですね。

 

 

ちょっと大人な余談…

 

昆虫あるあるかもしれませんが、

メスのカマキリは交尾の時にオスを殺してしまうことがあるようです。

 

メスが極端に空腹でしたり、オスがメスを怒らせることをしたり、

などの理由でオスは食べられてしまうとか…

 

まさに命がけの交尾ですね⁈

 

ただ、オスを食べたメスは約2倍のたまごを産むそうです。

オスは生き延びて何匹ものメスと交尾するか、

メスに食べられて自分のDNAを継いだ子孫を沢山残すか、

ちょっと厳しすぎる選択ですね。

 

しかもその時のメスの気分次第の運命⁈

 

そんなことから、

男性をたぶらかす魔性の女性の喩えにもされてきたようです。

男性陣はお氣をつけくださいませ…ウフフ

 

 

本日からの「芒種」

 

雨が多くなる時期ではありますが

時に雨は氣持ちを落ち着けて、じっくりと集中できるひとときを与えてくれているのかもしれません。

 

新しいことを始めるのに縁起がいい時と言われています。

 

いつか素敵な実りに出会えるのを楽しみに

氣になっている“種”をひとつだけでも蒔いてみましょうか。

 

 

ミッションメンタリング協会認定マスター
周防千賀子

《6期生募集は、今月まで!》

宿命を分析し、才能を見極め、自分軸をつくるコーチング手法『ミッションメンタリング』

もしもあなたが、コーチ、コンサルタント、リーダー、経営者、親・教育者などの、人を導いて、結果を出すように求められる職業や立場の方だとしたら、お伝えしたいことがあります。

それは、ミッションメンタリング基礎講座を開講したり、ミッションメンタリングコーチングをしたりして、持って生まれた才能を生かして輝く人を増やすお仕事をしていただきたいのです。

今、世界は、経験したことのないような災害の発生、感染症の拡大、資源の枯渇、環境破壊などの問題を抱え、多くの人々が、先が見えない不安の中、自信を失っています。

今こそ、一人ひとりが自分の生きる意味に気づき、才能を生かして自分らしく輝く幸せを感じることができれば、社会はもっともっと良くなるはずです。

ミッションメンタリング協会は、「自然界の法則で、自分らしく輝く」という理念のもと、ミッションメンタリングのスキルを身につけて活躍したい人を募集しています。

興味関心をお持ちの方は、どうぞ、まず入門講座(~6/22まで)を受講してみて下さい。
https://lp.mmp.or.jp/nyumon0

理念に共感いただける方、お待ちしております。

代表理事 篠田法正

PAGE TOP