博士の応援ブログ

Chikakoハッピーコラム 季節を表わす二十四節氣【大暑】

2022年7月23日【大暑(たいしょ

本格的な “夏” 到来

一番暑さが厳しく感じられる頃

 

「暑気至りつまりたるゆえんなれば也」

 

夏の暑さが極まる季節、

快晴続きで日差しも痛く感じますよね。


 

〜七十二候〜(しちじゅうにこう)

春夏秋冬、一年間を二十四分割した二十四節気を更に三分割したのが七十二候。
⁡季節それぞれの出来事をそのまま名前にした言の葉、約五日ごとに移ろう細やかな季節。

①初侯・第三十四侯 7月23日〜7月27日
桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

桐が花を咲かせる頃。

 

盛夏を迎える頃には、卵形の実を結びます。

桐は、伝統的に神聖な木とされ、豊臣秀吉などの天下人が好んだ花であり、

現在も日本国政府の紋章として使用されています。

最も身近なのは500円硬貨ですね。

 

余談ですが…

「桐」の花って実際にご覧になったことありますでしょうか⁈

 

樹高10m以上ですので、当然花も高い位置に咲きますので

なかなか目にすることはないかと思いますが、薄紫色の釣り鐘型のお花です。

 

「桐」は防虫・防湿・耐火性に優れた木材ですので、

お着物を入れる「和箪笥」や、大切な物を入れる「箱」などに「桐」が用いられてきました。

 

そして色褪せたり、痛んだとしても、削って磨いて調整してまた新品のように蘇る、

⁡昔からの知恵は本当に素晴らしいですね!

 

自然に寄り添い、無理に手を加えることなく自然界の理に適っていることしかしない…

本来の価値を人間の知恵で更なる奇跡へと導き、代々受け継いでいく…

 

このような伝統的な芸術って、日本人として誇らしいですね。

 

②次侯・第三十五侯 7月28日〜8月1日
土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

熱気がまとわりつく蒸し暑い頃。

 

地面から陽炎(かげろう)が立ち上がり、アスファルトの照り返しで吸う息も熱く感じられます。

 

私たちには辛いこの暑さですが、

木や草花は緑をますます濃くしてのびのびと成長して

田畑の作物も太陽の恵みとともに育っていきます。

 

 

ここでも生活の知恵…

暑さをしのぐための「打ち水」

 

昔は土埃も多かったので、打ち水により一瞬にしてひんやり感を演出できていたのだと思います。

 

元々は神様の通る道を清めるための打ち水だったようですが

現在でも涼を得るには多少効果ありますよね。

 

 

③末侯・第三十六侯 8月2日〜8月6日
大雨時行(たいうときどきふる)

夕立や台風などの夏の雨が激しく降る頃。

 

しとしと雨ではなく、地面を叩きつけるような大粒の雨。

 

きれいな青空に湧き上がる入道雲は、夕立を教えてくれます。

雲の頭が坊主頭に見えることから、入道雲と呼ばれているようで

坂東太郎・信濃太郎・四国三郎など土地や川の名前の愛称⁈で呼ばれることも多いそうです。

 

 

7月20日から『夏土用』に入っています。

そして“土用の丑の日”は、7月23日と8月4日です。

 

『本日丑の日うなぎの日』

という平賀源内発案のこの言葉だけでなく

万葉集にも、うなぎ(むなぎ)が取り上げられているのです。

 

「石麻呂にわれもの申す夏痩せに良しといふものぞ鰻(むなぎ)とり食(め)せ」という歌があります。

これは、大伴家持(おおとものやかもち)が吉田連老(よしだのむらじのおゆ)におくったものだそうです。

 

つまり奈良時代にはすでに、夏バテ防止には栄養満点のうなぎが効くことが知られていたのですね!!

 

 

季節の変わり目の「土用」、

体調を崩しやすい時期ですので、ビタミンA・B群を含むうなぎは古来からのスタミナ食材ですし、

高タンパクで消化がよく疲労回復や食欲増進効果があり、

夏バテを防ぐ合理的な食べ物ですので是非召し上がってください。

 

うなぎが苦手な方は

「うどん」「うり」「牛」「うめ」などなど・・・“う”のつく食べ物。

 

消化がよく栄養補給できる冷たいおうどんに、

ミョウガやシソの葉、瓜科の胡瓜や梅干しをプラスして

デザートにはスイカ。

 

これでしたらサッパリといただけますし、ゴーヤ・ズッキーニ・カボチャも瓜科ですので

これらの食材も組み合わせてみてください。

 

 

また「土用干し」と言って

夏土用の時期に、カビや虫の害から守る為、

衣服や書物に風を通して陰干しする習慣があります『土用の虫干し』。

 

 

梅干しの天日干しもこの時期ですよね。

 

また、田んぼには水を入れず土をひび割れ状態にするそうです。

それによって、雑菌の繁殖が抑えられ、根もしっかり張るんですって…

 

それ以外にも、

「土用卵」「土用しじみ」「土用餅」などなどがあるように、土用は特別な期間。

 

体調を崩しやすいこの時季だからこその、昔からの知恵。

その知恵は自然界との深い繋がりの風習ですので、参考にして過ごしたいですね。

 

 

 

 

夏の節気最後の【大暑】

今年はセミの声も静かな夏のように感じます。

 

夏バテや熱中症、身体の冷やし過ぎにも氣をつけて

少しでも涼しげにこの夏を乗りきりましょう!

 

 

 

ミッションメンタリング協会認定マスター
周防千賀子

PAGE TOP