杉山 亜紀

講師プロフィール

杉山 亜紀(すぎやま あき)

《講座開催エリア》全国
《生き方キャラ》セオリー(水:習得本能)

今の私からは想像がつかないかもしれませんが、幼いころから好奇心旺盛で活発などちらかといえばやんちゃな子供でした。家族には「亜紀がいないと家の中が静か」と言われるほど、よくしゃべるイノセント全開の性格だったのかもしれません。
いつの間にか学びのスイッチが入り、授業選択や進路、国家資格受験など、セオリーを発揮していきます。未知の分野を学び、挑戦する環境で出会った人たちと仲良くなることにワクワクします。相変わらずおしゃべりですが、人の話を聴くのも好きなので、自分の学び、経験を活かして、人の役に立てたらこんな幸せはないと思っています。楽しいのが一番、というのは昔から変わりません。

聖心女子大学英文科時代から、マナーやマニュアルの厳しいベビーシッターサービスや、一か月みっちり研修が必要な日本航空国際線予約受付など、未体験の世界で一から学ぶアルバイトを選ぶ。宅地建物取引士資格や教員免許も取得するが、卒業後は畑違いの日本アイ・ビー・エム(株)に就職。新人研修では成績優秀者に選ばれ都銀担当SEとして走り回るも、すぐに社内結婚、出産で退職。
二人の子育て中にも在宅ワーク、富国生命保険トータルライフコンサルタント、研修アシスタントなど好奇心のままに「やってみよう」を実践。加えて「役に立ちたい」という思いが、ドリーム・プラン・プレゼンテーションとの出会いに背中を押されて、4回目の受験で行政書士資格取得。
2012年に開業後は、お気に入りのカフェ空間で気軽に相談できる「行政カフェ」を各地で開催し、専門家や創業塾仲間等の豊富な人脈を活用して親身に相談にのるスタイルが好評。エンディングノートに興味を持ちながらも実践が叶わなかった母の闘病以来、医療・健康分野への関心を強め、3年間の東京都庁での医療法人指導専門員を経験。現在は市民活動支援にも従事しながら、仕事と家庭の両立に悩む主婦や、終活からスタートアップ時の相談まで幅広い活動の際に、ミッションメンタリングの手法を紹介している。ミッションメンタリングに出会って自分の宿命を知り、自分軸を確立する旅に出たことにより、これまで好奇心の向くまま「やってみよう」に挑戦できた環境に感謝できるようになった。自らのために学んだ直傳靈氣療法士のスキルも活用して、自分が心地よくいられる場所を提供する「癒心地ライフサポーター」として日々成長中。

◇ミッションメンタリング®認定マスター
◇特定行政書士
◇直傳靈氣療法士

講座スケジュール

PAGE TOP