オレは占いはしない

博士の応援ブログ

 

もちろん100%ではありませんが、算命学は、かなり当たると思います。

算命学を学ぶといろいろなことがわかって、楽しくなります。

 

でも。。。

 

このようなスキルを身につけると、陥ってしまいがちな罠があります。

 

それは、調子に乗って

人をどんどん面白半分に占おうとすることです。

 

もちろん、自分の勉強のため、スキルアップのため、

たくさんの人をみていくことは必要です。

 

しかし、

ツールには表と裏があります。

 

両刃の剣というやつです。

 

よく切れるが故に、気をつけて使わなければなりません。

 

ハンマーを手にした子供は、どこでも叩きたがります。

とても危険です。

 

謙虚にならなければなりません。

 

 

算命学、東洋史観の師匠の鴇田正春先生は、

オレは占いはしない

と言い切ります。

 

研究はするけど、占いはしない。

 

それは、占いをすると、ネガティブな思い、

不幸なエネルギーを抱えた人が、相談にやってくるからです。

 

そして、あなたがそのネガティブな念をうまく取り扱う方法を知らないと、

次第に自分がネガティブなエネルギーに負けてしまい、

体を壊したり、精神を病んでしまったりするからだということなのです。

 

算命学に限らず、スピリチュアルな能力について、深く学ぶなら、覚悟が必要ですね。

 

 

まずは、謙虚になること。

 

自分の力を過信せず、

遊び半分に使わないこと。

 

 

ミッションメンタリングのように、

自分の個性と能力を最大限に発揮する方向を見つけたいという、

ポジティブな相談に使うこと。

 

そして、神社仏閣、お墓まいりなど、定期的に浄化すること。

 

 

自分への戒めを込めて。。。

 

篠田法正

PAGE TOP