博士の応援ブログ

失意の底に沈んだら…

こんにちは。篠田法正です。

 

「あーあ、やっちゃった」
「うわあ、がっかりだ」
「もうだめだ・・・」

などと、落ち込んでいる人がいたら、

東洋の知恵、算命学の格言をお知らせします。

 

「失意は得意の前触れである」

 

失敗してしまって、失意のドン底にいる時には、

そのことを引きずってしまい、ずっとこの失意のままでいると思いがちですが、

失意の後には、必ず、得意(喜び)がやってきます。

 

なぜなら、それが自然界の摂理だからです。

 

冷たい冬の後には、暖かい春が来る。

暗い夜があれば、また朝の明るさがやってくる。

悪いことがあれば、必ず、その後に良いことがある。

 

全てのものは、一方向の行ったきりではなく、循環しているからです。

 

 

これは、

良いことの前には、必ず悪いことがある

とも言えます。

 

 

このことを、東洋では、別の言葉で、「曲全」と言います。

 

曲なれば即ち全し(きょくなればまったし)

 

ジャンプする前には必ず膝を曲げるように、

曲がっているからこそ、次に伸びることができる。

 

 

嫌なこと、辛いこと、失敗があったら、

その時こそ、

「やった!曲全だ。もうすぐ、いいことがあるぞ」

と思うことです。

 

 

ところで・・・、

 

逆に言えば、

「得意は、失意の前触れである」

となりますので、

 

すごくいいことがあったら、

慎重になることを忘れないようにしたいですね。

 

 

また、お会いしましょう。

 


相手を読み解き、相手が自然に動き出すスキル、
【ミッションメンタリング】を身に付けたい方は、
入門講座からどうぞ。 

詳しくはこちらです。
ミッションメンタリング6期生募集入門講座

\\6期生募集終了間近//

宿命を分析し、才能を見極め、自分軸をつくるコーチング手法『ミッションメンタリング』
先の見えない現代に、人を導く立場にいるコーチ、コンサルタント、親、教育者、リーダー、経営者の方々にとって、必須のスキルです。そのミッションメンタリングを学ぶ講座が期間限定で開講されます。まずは、入門講座からご参加ください。
https://lp.mmp.or.jp/nyumon0

PAGE TOP