二の矢を持つことなかれ

博士の応援ブログ

こんにちは! 篠田法正です。

 

 

『初心のもの、二の矢を持つことなかれ』

 

今朝、ふと思い出した言葉です。

 

 

もう、随分と遠ざかってしまっていますが、私の趣味は弓道です。

 

 

弓道では、左手に弓、右手に矢を2本持って的(まと)に向かいます。

 

最初の矢を、甲矢(はや)、

次の矢を、乙矢(おとや)と言います。

 

ちなみに、甲矢と乙矢では、矢の羽のつき方(裏表)が違っているんですよ。

 

 

さて、弓道では、

通常、一射目は、甲矢を弓につがえ、乙矢の矢頭を右手の薬指と小指で挟んで持ったまま、弓をひきます。

 

 

徒然草の一節に、

 

『初心の人、二の矢をもつことなかれ

あとの矢を頼みて、初めの矢になおざりの心あり』

 

というのがあります。

 

 

あとがないと思って、今この時を全力で頑張れと言うことですね。

 

ただ、初矢にあまりに必死になって、結果(当り外れ)にとらわれると、

外れた場合の心の落ち込みが大きく、二の矢に影響がでます。

 

 

そして、上級者は、

初めの矢に全力を注ぐのはもちろん、

その矢の結果に関わらず、

二の矢のことまで意識して、全体の真善美を完成させることを追求します。

 

必死にはならない。

 

たんたんと、「これが自分の最高の状態なのか」を追求し、ただひたすら、自分との戦いです。

 

目の前の事に全力を注ぐとともに、結果にとらわれず、

目標に立ち向かう姿勢を大切にし、二の矢の事も考えておく。

 

 

これって、人生やビジネスの教えでもありますね。

 

さ、今日も夢を生きていきましょう。

応援しています。

 

篠田法正

自分の個性や能力を客観的に、色々な角度から捉え、その活かし方までわかる
ミッションメンタリング

↑ ↑ ↑
ミッションメンタリング協会認定講師主催プレ講座の日程検索はこちらをクリック

もしくは、協会主催ミッションメンタリングプレ講座にご参加ください。
毎月第一土曜日、開催中 → 詳細ページ


【2期生】12月開講

1期プレFB用バナー

ミッションメンタリング
インストラクター養成講座
プレ講座 & 説明会

2019年9月から開始
東京・名古屋
https://lp.mmp.or.jp/preseminar20192M
 

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

無料メールセミナー


人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

この度、一般社団法人ミッションメンタリング協会は、日本中の志の高い協会が応募する【協会アワード2019】で、映えある『教材開発部門賞』をいただきました。https://mmp.or.jp/blog/2019/05/31/83/

バックナンバーを読む

■博士の応援ブログ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/hakase/

■ヤギママこらむ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/yagimama/

56276060_2310139345922730_5129798226970411008_n
PAGE TOP