博士の応援ブログ

夢が叶わない、化学的な理由

こんにちは!篠田法正です。

 

化学。。。。

苦手ですか?

 

私もです。

(笑)

 

なので、できるだけわかりやすく説明してみます。

 

 

炭素に酸素が反応すると、二酸化炭素になる。

 

この反応は、この反応は酸化反応と言いますが、

一般的には『燃える』といいます。

 

炭素でできている木や紙に、酸素が反応すると、火がついて燃えます。

 

炭素の酸化反応は、大変進みやすい反応で、大きなエネルギーを放出します

だから、木や紙は大変燃えやすく、炎を出して、光と熱を出します。

 

木や紙は燃えるのが自然な方向です。

ものごとは自然な方向に進もうとします。

 

でも、

今、あなたの目の前にある木や紙は、まわりに酸素がいっぱいあるのに、勝手に燃え出したりはしませんよね。

 

もしそうなら、大変なことになります。

あっという間に地球上は火の海になります。

 

化学反応は、たとえ、反応が起こる方向が自然で有利な方向だとしても、勝手には起こらないのです。

 

それは、反応が進むのをブロックするバリアが設けられているからです。

そのバリアを乗り越えるだけのエネルギーを与えられない限り、反応は進まない。

 

木や紙は、炎などであたためられることによって、そのバリアを超えて、急激に酸素と反応して、燃え始めるのです。

 

 

人間も同じかもしれません。

 

「ああなりたい」
「こうしたい」

という、進みたい方向や夢があるとします。

 

行きたいと思う方向なので、そちらが自然な方向です。

 

 

でも、いくら自然な反応だとしても、勝手には、そちらの方向には進みません。

どれだけ待っていても進まない。

 

反応が進むバリアが設けられているからです。

 

変わってしまうことを恐れる、「潜在意識」というバリアです。

 

それが、なかなか夢が叶わない1番の理由です。

 

 

そのバリアを乗り越えるためのエネルギーが必要なのです。

 

バリアの乗り越えるためのエネルギー、それが「情熱」です。

「本氣」とも言います。

 

自分は何のために生きているのか、人生の目的は何かという「自分軸」をつくる。

自分軸を持って、現実の問題に立ち向かう時に、情熱の炎が燃える。

 

 

情熱というエネルギーをもってそのバリアを乗り越えたら、あとは一氣に望む方向へ、勝手に進んでいくのです。

 

 

あなたの目の前のバリア、あと一押しすれば、後は勝手に成功へと進みます。

 

あと、もう、一押しなんです。

 

 

さあ、今日も自分軸を持って進んでいきましょう。

篠田法正でした。

ZOOMにて《定期》プレ講座開催中
毎月第1土曜日 時間10:30-12:30
(5/2・6/6)
詳細、お申し込みはこちら
https://lp.mmp.or.jp/preseminar

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

PAGE TOP