自然界の法則で、自分らしく輝く

プレ講座
生き方キャラ
トイロキャラ解説
ピースチャート解説
入門講座
公式LINE
博士の応援ブログ

なぜ占いを信じるの?

こんにちは!篠田法正です。

今日は、工学博士の学位をもつ私が、
なぜ、世間では占いと思われている「算命学」
魅了されたのか
お伝えします。

 

もしも、「算命学」が、
人の性格や才能を言い当てるだけの占いだとしたら、

理系の私は、ほとんど魅力を感じなかったと思います。

 

私が興味を持った一番の理由は、

算命学が、
「運命をコントロールする学問」だったからなのです。

 

え?

「運命」って、決まっているものではないの?コントロールなんてできるの?

もしかしたら、
あなたもそう思ったかもしれませんね。

 

はい、そうです。

「運命」は変えられるのです。

 

算命学では、
生まれながらに与えられる、
生涯変わらないもののことを「宿命」と呼びます。

人の性格や気質、潜在能力などは、「宿命」で決まってきます。

 

そして、その「宿命」が
人生の様々な「環境」の中で反応して、「運命」をつくっていくと考えます。

 

式で書くとこうなります。

ーーーーーーーー
宿命+環境=運命
ーーーーーーーー

 

これは、私の専門だった化学の反応式と似ています。

化学では「+」という記号を、
「足す」ではなく、
「反応する」ととらえるのです。

 

例えば、炭素が酸素と反応して二酸化炭素になるという式は、
「C+O2=CO2」ですね。

 

この「運命の式」、重要です。

「宿命」は変わりませんが、「環境」は変わります。

だから「運命」は変えられる、ということを言っているのです。

 

「環境」とは、

どんなところに、
どんな人と住んでいるのか、
家族、学校、職業などの環境であり、

人との出会い、学び、経験なども環境です。

 

また、出来事に対して自分がどう捉えるかということも
広い意味での環境ということになります。

 

例えば、同じアルバイトをしていても、

「この仕事は、自分が将来、事業を起こすための準備、修行だ」
ととらえている人と、

「生活のために仕方なく、嫌な仕事を我慢している」
ととらえている人は、違う環境に暮らしていることになります。

リンゴという「宿命」は変えられませんが、
「環境」を変えることで、
味や色や大きさなど、
どんなリンゴになるのか、
「運命」を選ぶことができるのです。

 

つまり、算命学は、
『自分の運命をあきらめないための学問』
だと言えるのです。

 

「へえ、そうなんだ、面白そう!」

皆さんが、少しでも「算命学」に興味を持ったとしたら、幸いです。

リアルで「宿命分析」を
体験できます

↓ ↓ ↓

こちらは
オンラインで宿命分析を体験できます

↓ ↓ ↓

ミッションメンタリング協会
代表理事
篠田法正

関連記事

PAGE TOP