問題が、見えないなんて!

博士の応援ブログ

こんにちは! 篠田法正です。

 

 

覚えておきたい、問題解決の大原則があります。

 

 

それは、

 

「自分が、問題の輪の中に入っていると、問題の本質が見えにくい」

 

ということです。

 

 

 

私の知人には優秀な経営コンサルタントがたくさんいますが、

クライアントには、見事な経営改善策を出していける彼らでも、

自分の会社の経営で失敗することもよくあるようです。

 

私自身にも、いくつも思い当たることがあります。

 

クライアントと話している時には、

「ああ、ここが問題だな」というポイントが見つかるのに、

いざ、自分の事業の問題になると見えなくなってしまうのです。

 

 

 

先日、ある方とランチしながら、ミッションメンタリングについて話をしていたら

 

「ミッションメンタリングは、普通の占いや、占いを利用するコンサルティングと、どう違うのですか?」

 

という質問がありました。

 

「えっ?」

 

(そんなの、違うに決まってるじゃん)

と思いながらも、

 

「あ!」

と気づいたのです。

 

 

そういう疑問が出ること自体、相手には、伝わっていないということが明らかなわけでして、

 

占いを使ったコンサルティングとミッションメンタリングの違いを、端的に表現できていなかったのです。

 

 

私の中では、

(そんなの、わかっているはず)

 

とか、

(当然だよね)

 

と思ってしまっていました。

 

 

反省です。

 

 

 

ミッションメンタリングが単なる占いとの違いは・・・

 

それは、次回、お伝えしますね。

 

 

それにしても

 

「自分では、自分の問題が見えない。」

 

この問題は結構、厄介です。

 

だから、私もよくコーチングをしてもらったり、コンサルティングを受けたりしています。

 

たった1度の、自分自身の人生、

独りよがりにならないよう、

氣をつけて進みたいですね。

 

そして、わからないことはわからない、だから人に聞く。

 

人からコンサルティングを受けることは、

自分の道を間違えないための重要な投資なんですね。

 

 

 

ランチを終えて席を立とうとしたら、目の前の友人が、

 

「口元に、ソースがついてますよ」

「あっ!」

 

 

自分の顔は自分では見えないものです。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

篠田法正

8月開講
【1期生】募集開始!
残りわずか

ミッションメンタリング
インストラクター養成講座
プレ講座 & 説明会

瞬時に、手に取るように、性格や潜在能力、価値観を読み解いて、
相手を自らやる氣にさせて 動かすスキルに、興味のある コンサルタント、コーチ、カウンセラーの方へ
https://lp.mmp.or.jp/preseminar2019M

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料メールセミナー


人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

この度、一般社団法人ミッションメンタリング協会は、日本中の志の高い協会が応募する【協会アワード2019】で、映えある『教材開発部門賞』をいただきました。https://mmp.or.jp/blog/2019/05/31/83/

バックナンバーを読む

■博士の応援ブログ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/hakase/

■ヤギママこらむ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/yagimama/

56276060_2310139345922730_5129798226970411008_n
PAGE TOP