欠点をチャンスに変える 自然界の法則

こんにちは!篠田法正です。

 

今日は、欠点をチャンスに変える方法についてです。

 

 

相談に来られる方のお話を伺っていると、

 

「私は人づきあいが苦手で・・・」とか、

「私は、優柔不断なので・・・」とか、

「何でも3日坊主になってしまうんです」

というように、自分の欠点を負い目に感じている方が多いように思います。

 

 

そんなとき、私は、こんな質問をします。

 

「あなたが欠点だと思い込んでいるその性格に、感謝できることがあるとしたら、それは何ですか?

5つ以上挙げて下さい」

 

すると、ほとんどの方がびっくりしますが、さすが、質問の力はすごいですね。

びっくりしながらも、頭の中ではその質問に答えようとします。

 

そして、

人づきあいの苦手な人は、

「少ない友達を大事にできるので、安心した人間関係ができるのでありがたい」

 

優柔不断な人は、

「慌てて動いてお金を失うことがないのでありがたい」

 

3日坊主を嘆いている人は、

「好奇心が旺盛で、いろいろなことにチャレンジできるのでありがたい」

 

という言葉が出てくるようになります。

 

いつもは、欠点で負い目に感じていることの中に、感謝できるポイントを見つけ、チャンスに変えていくのです。

 

 

算命学の基本である陰陽論では、『ものごとには、かならず、陰と陽がある』という原則があります。

 

陰の出来事にも必ず陽がある

だから、見方を変えて、陰の中に陽を見つければ、人生も変わる。

 

ただし、注意が必要です。

 

ネガティブな欠点を否定して、無理にポジティブにしようとしてはいけないということです。

 

欠点 → チャンス

というような、単純なポジティブシンキングではうまくいかないのです。

 

マイナスをいきなりプラスに持っていくのは無理があるからです。

 

ポイントは、無理に、欠点をチャンスに変えようとするのではなく、欠点に感謝することです。

 

以前も書きましたが、「感謝」は、プラスではなく、中立の概念です。

マイナスを、プラスにではなく、中立にするのです。

すると、自然とプラスが見えてくるのです。

 

つまり、

欠点 → 感謝 → チャンス

ということです。

 

 

先日も、習慣化が苦手で三日坊主を嘆いていた人と、この方法で頭の体操をしていたら、

最後には、

「3日坊主っていうことは、少なくとも3日は続けられることに感謝ですね。

ということは、4日目にやめてしまうことを氣にしなければ、5日目からまた始めることを、氣軽に繰り返せばいい。

結局、一年で280日以上やることができる!」

と、ご自分で氣づいて、とてもいい笑顔になりました。

 

前向きになって、行動計画を立てていったのでした。

 

実に、面白い変化でした。

 

 

無理をしない陰陽逆転法、お試しくださいね。

 

では、またお会いしましょう。

 

「自然界の法則で自分らしく」

篠田法正でした。

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにてプレ講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

PAGE TOP