多くの人が成功しないのは、前提が間違っているから

こんにちは!篠田法正です。

 

今日の話題は、「成功者の考え方」についてです。

 

 

私は、本当に人に恵まれています。

 

私が代表をつとめる一般社団法人最幸経営研究所(最幸研)の理事メンバーの一人で、当協会の参事でもある、藤中秀樹さんという方がいらっしゃいます。

 

お金もなく、人脈も、経験もない状態から、総額46億円、合計3件の病院を立ち上げ、経営している成功者です。

 

 

コンサルタントとしても優れていて、すでに数百人のクライアントが、どんどん成功して行っています。

 

 

さらに、これまでに立ち上げた法人は5社、すべて成功させ、つい最近も、たった数ヶ月で数億円を集めて新たな法人を立ち上げて軌道に乗せています。

 

 

今日は、その藤中さんの考え方、成功者マインドをご紹介します。

 

 

 

藤中さんいわく、

 

「多くの人々が、変われない、成功できないと悩んでいるのは、前提がまちがっているからなのです」

 

 

ん? どういうことですか???

 

 

「多くの人は、問題を解決しようとして、やり方を決めて、頑張ろうとします。

 

でも結果はうまく行くかどうかわからないから、不安になったり、一歩が踏み出せなかったりします。

 

でも、私はこの、【結果はわからない】という前提を変えてみたんです。

 

結果はもう決まっている。

 

成功すると決めたら成功する。

 

結果を決めて、その結果にいたるプロセスは不確実であり、いろいろある。

 

だから、目の前に起こるいろいろな現象は、成功するまでのプロセスの一現象に過ぎない。

 

どうせ成功するんだから、プロセスを楽しもう。

 

人生は映画と同じ。

 

簡単に成功するのはつまらない。

 

危機や困難があったほうが面白いじゃないですか」

 

 

 

 

そういえば、8年前のことを思い出しました。

 

最幸研のメンバーで経営計画を立てるための合宿に出かけました。

 

 

合宿中に藤中さんが、「すみません、時々電話がかかってきてミーティングを中座するかもしれませんが、よろしくお願いします」

 

というので、

 

「どうしたんですか」と聞くと、

 

「いえ、大したことじゃないんですけど、経営している病院が企業詐欺にひっかかって、今月末までに、1億円用意しないといけないんです。弁護士とかいろいろ電話してくると思うんです。邪魔してすみません。」

 

 

「えええっ、大丈夫ですか! こんなところにいていいんですか?」

 

「ええ、私にできることはすべてやっています。あとはジタバタしてもしょうがないですから」

 

「そ、そうですか。。。。」

 

 

 

結局、彼はその後、多くの協力者から緊急出資を募り、難局を乗り越えました。

 

 

 

「藤中さん、あの時も、先に結果を決めていたんですか?」

 

「はい、どうせ1億円はどうにかなるって決めたんです。

 

あとは、そのプロセスをできるだけ楽しもうと考えたんです」

 

 

 

 

 

いかがでしょう。

 

 

多くの人は、プロセスを決めて、結果は決まっていない。

 

だから不安になり、ジタバタして失敗する。

 

 

成功者は、結果を決めて、プロセスは決まっていないと考えて、いろいろ楽しむ。

 

 

 

この考え方を数年前に聞いて以来、私の仕事の仕方が大きく変わりました。

 

実際に2年前、このミッションメンタリング協会を立ち上げ、皆と一緒に、毎日プロセスを楽しんでいます。

 

 

いやあ、ホント、楽しい(笑)。

 

 

 

おっと、また長くなりました。

 

 

またお会いしましょう!

 

「自然界の法則で、自分らしく」

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにてプレ講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

ミッションメンタリング協会
定例セミナー(特別公開版)

算命学の星の名前に刻まれたあなたの生き方

PAGE TOP