博士の応援ブログ

やりたいけど、できない?

こんにちは!篠田法正です。

 

 

今日の話題は・・・

 

やりたいけど、できない。

 

 

 

やろうとして、「やる」って言ったのに、できなかった。

 

できると思ったのにできなかった。

 

いや、やらなかったのかもしれない。

 

 

だって・・・。

 

でも・・・。

 

 

言い訳ばかりして、結局できてないじゃない。

 

だったら、最初から、やるって言わなければいいのに。

 

 

ああ、なんて、ダメな私。。。。

 

 

 

そんなことって、ないですか。

 

私は、しょっちゅうです(笑)。

 

 

 

実は、それは、自然界では当たり前のことのようです。

 

 

長い間、化学の研究者としてたくさんの反応を見たり、考えたりした経験からも、それは間違いないと思っています。

 

 

 

 

物質Aと物質Bが反応して、物質Cになる反応を考えてみましょう。

 

 

物質Aも物質Bも、実は数え切れないほど、たーくさんの粒(分子)の集まりです。

 

たくさんのAの分子と、同じくたくさんのBの分子が、一斉に反応して、全部が一度にたくさんのCの分子になるわけではないのです。

 

 

そんなことになったら、大爆発です。

 

 

たくさんのAの分子の中の一つの分子が、たまたまBの分子の一つとぶつかって、

 

「おや、せっかくですから、二人でCに変わりましょうか」

「いいですね」

 

ということで、変化しようとします。

 

 

でも、この変化は簡単ではありません。

 

一応、頑張ってみます。

 

 

でも。。。

 

「ふうう、やっぱりだめだ」

「残念だね、じゃあ、またね」

 

といって別れてしまうのです。

 

 

そして、また違う分子とぶつかります。

 

何回かぶつかって、反応しようと試みて、「やっぱりだめだ」を繰り返して・・・

 

 

そのうち、やっと、

 

「やったー、できた!」

 

 

やっと、Cに変わることができるものが現れます。

 

 

たくさんの失敗の中から、成功者が現れるのです。

 

 

そして、中には、せっかく成功してCになったのに、「やっぱり、元のままがいいね」といって、AとBに戻ってしまうものもいるのです。

 

 

 

化学者は、フラスコを温めることにより、出会いを応援します。

 

 

熱エネルギーで、活発に分子たちを動かして、A分子とB分子のぶつかり合いの回数を増やすのです。

 

「もっとぶつかれ〜」って。(笑)

 

 

ぶつかり合いが増えるほど、挑戦者は増えて、反応が早く進むことになるのです。

 

 

 

つまり、自然界では・・・、

 

「やりたいけど、できない」を繰り返して、繰り返して、繰り返して、

 

そのうち、「やっとできた」がたまに起こる、

 

というのが通常なのです。 

 

 

その、たまに起こる、「やっとできた」は、数多くの、「やりたいけどできない」というものがないと、起こらないのです。

 

 

これは、例えば、生物の進化の過程でも同じことが言えます。

 

どうも、これが自然界の法則のようなのです。

 

 

だから、もしもあなたが、「やりたいけどできない」ということを悩んでいるようでしたら、決して、悲観しないでください。

 

 

「やりたいけどできない」を、たくさんやればいいのです。

 

その時やる氣が起こらなかったとしてもいいのです。

言い訳してもいいのです。

 

 

化学者の私は、応援します。

「もっとやれ〜」って。

 

フラスコをあっためながら。。。。

 

 

 

ではまた、お会いしましょう!

「自然界の法則で、自分らしく」

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにて講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

ミッションメンタリング協会
定例セミナー(特別公開版)

算命学の星の名前に刻まれたあなたの生き方

PAGE TOP