言葉が白い???

こんにちは!篠田法正です。

 

 

今日は、古代からの東洋の知恵が、現代の私たちにとって有益なヒントをくれるというお話。

 

 

 

東洋では、昔から、世の中のすべての物事を、木、火、土、金、水という5つのエネルギーに分類していく考え方がありました。

 

五行説とか五行論と言います。

 

 

そして、何がどのエネルギーなのかを、五行配当表というものにまとめられています。

 

 

 

たとえば、

 

春は木、夏は火、秋は金、冬は水。(季節の変わり目を土)

東は木、南は火、西は金、北は水。(中央が土)

青は木、赤は火、白は金、黒は水、黄色は土。

 

というように分類されているのです。

 

 

なので、春と、東と、青は、同じカテゴリに入ります。

 

青春という言葉がありますが、春は青いというわけです。

 

 

 

この五行配当表によれば、「言」すなわち言葉は、金に配当されています。

 

 

そういえば、「白状」、「告白」、「自白」、「独白」など、言葉に関する慣用句は、という色がよく使われますが、白は、ですよね。

 

 

 

でも、なぜ、言葉が金なのでしょう。

 

 

ちょっと難しくなりますので、頑張ってついてきてくださいね(笑)

 

 

 

東洋では、この世には、現実と精神の両方が存在すると考えます。

 

五行でいうと、木と金は現実、火と水は精神、土は両方だと考えます。

 

金は、現実のエネルギーです。

 

 

また同時に、金は、攻撃、行動、変革なども表します。

 

金属でつくった硬い武器が攻撃や破壊に使われているイメージをしてみてください。

 

 

つまり、金は、現実であり、攻撃、行動、変革でもあるのです。

 

 

 

そして実は、「言葉」というものが、人間の思考を現実化したものなのです。

 

 

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という本が有名ですね。

 

 

 

例えば、氣温が上昇し、汗が出てしょうがないとします。

 

モヤモヤします。

 

この状況をなんとかしたい。

 

この、不快に思った状態では、何も起こりません。

 

 

そして、言葉にします。

 

 

「暑い! アイスが食べたい」

 

 

 

するとどうでしょう。

 

冷たくておいしいアイスクリームが明確にイメージされて、それが欲しくてたまらない氣持ちが高まります。

 

やがて、あなたは、アイスクリームを手にすることになります。

 

 

 

つまり、

 

頭の中で思ったこと、アイデア、感情などを、言葉にすることで、実際に現実化されたのです。

 

 

まさに、言葉は、現実を作り出す、現実を変えていく一歩になるのです。

 

だから「金」なのです。

 

 

 

こう考えると、夢を実現するためには、

 

頭の中でモヤモヤするだけではなく、言葉にすること、そして発言することです。

 

 

 

夢は叶うと言いますが、叶うという字が、口に十と書くので、夢を、十回口にすると、叶うと言われていますね。

 

つまり、夢を言葉にするのです。

 

 

 

ミッションメンタリングの『2nd Stepブレない自分確立講座』や、私が時折行う企業研修では、夢を言葉にするということを、とても大切にしています。

 

こうしたい、こうなったらいい、こうありたいという思いを、具体的に、細部にこだわって言葉にしていくプロセスを経験していくうちに、人はどんどん元氣に明るくなっていきます。

 

 

 

思いを現実化するために言葉にする。

 

思いを金に固めるのです。

 

 

 

ただ、同時に言葉は攻撃、破壊のエネルギーですから、人を傷つける可能性もあります。

 

氣をつけたいですね。

 

 

沈黙は金ともいいます(笑)。

 

 

 

バランスと配慮を忘れずに。

 

 

 

 

さあ、今日も自分軸を生きていきましょう!

「自然界の法則で、自分らしく」

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにてプレ講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

ミッションメンタリング協会
定例セミナー(特別公開版)

算命学の星の名前に刻まれたあなたの生き方

PAGE TOP