博士の応援ブログ

学びと知性の才能を開花させるには?

こんにちは。篠田法正です。

今日は、セオリーについてお伝えします。

セオリー(算命学では玉堂星)は、

学び、古典、伝統のキャラです。

 

このキャラは、

「学び、教える才能」

を開花させます。

 

このキャラを活かすためには、

まず、あらゆるものの過去に目を向けて、習得していくことです。

 

何かを習得するときには、理屈抜きに、

ひたすら師匠のいう通りに学んでいくのです。

 

特に、伝統を習うときには、

質問をして答えを求めるような頭を使うことは避けます。

ひたすら、ありのままを体得していきましょう。

 

 

また、セオリーは、静かに本を読むなど、

静かな学びこそ、活性化のカギになります。

 

きらびやかな態度では、うまくいかないのです。

 

そのために、言葉を少なくしましょう。

 

人は、知っているとしゃべりたくなりますが、

余計なことをしゃべらないで、

大切なことだけしゃべるようにすると良いのです。

 

特に、「教えてやったよ」という姿勢では、

セオリーは輝きません。

 

聞き上手になることが大切です。

相手の目を見ながら、しっかりと聞くようにします。

 

 

そして、「セオリーは、守りと常に一体」と覚えておきましょう。

誰かを守るという姿勢が、

セオリーという才能のタネを成長させていくのです。

 

 

ご自分の5つのキャラの中にセオリーが入っている場合は、参考にしてみてください。

 

今回で、10種類のキャラの活かし方の説明は終わります。

またお会いしましょう!

 

********

ご自分の5つのキャラ(才能のタネ)はご存じですか?

① ミッションメンタリング協会LINE公式アカウントを友達登録をして、

②トーク画面のメニューにある【キャラチャートスタートボタン】をタップ

生年月日を入力すれば、あなたの5つのキャラが表示されます。

中央と東西南北の5ヶ所に
キャラが配置されています。

どの場所にあるかで
キャラの意味が変わりますが、

才能を開花させるという意味では、
場所についてはあまり気にせず、

持っているキャラをどうしたら活かせるか
を考えていくことにしましょう。

********

PAGE TOP