博士の応援ブログ

うまくいく事業計画を教えてください

こんにちは!篠田法正です。

 

 

私が中小企業診断士であるという理由から、独立・起業を望んでいる方から「事業計画を作ってみたのですが、見てください」という相談を受けることがあります。

 

 

事業計画書の完成レベルは、いろいろです。

 

中には、ぜんぜん内容が薄く、まだ、アイデア段階で、具体性のないものもあれば、事業コンセプトが明確で、しっかり収支計画まで考えられたものまであります。

 

 

そして、相談者は、「この計画でうまくいくかどうかが知りたいのです」と尋ねます。

 

 

 

実は、

 

そういう相談に対しては、事業計画書を見る前から、私の答えは決まっています。

 

 

「よく頑張りましたね。あなたが本氣なら、この事業は成功しますよ」

 

 

 

どんなに、計画書が未完成でも、どんなに、無理そうな計画でも、私はそう言うのです。

 

 

 

お氣づきと思いますが、この言葉の中にマジックワードが入っています。

 

 

それは、

 

「あなたが本氣なら」

 

という言葉です。

 

 

 

もし、その事業に対して、絶対にあきらめない理由が明確で、使命感を持っているなら、すなわち、本氣で取り組む事業なら、その人は、成功するまであきらめずに頑張ります。

 

 

成功するまであきらめないのですから、必ず成功します。

 

まあ、当たり前ですね。

 

 

 

相談に来られた方が、事業に対して本氣かどうかは、だいたい、私がその言葉を言った時の反応でわかります。

 

 

「そうですか! 頑張ります!」と言って喜ぶ人は、本氣度が高いようです。

 

反対に、ちょっと顔が曇り、考え込んだり、「どうやったらうまくいくか、ちゃんと教えてください」と言ったりする方は、あまり本氣ではないように思います。

 

 

おそらくその方は、「うまくいく事業計画」や、「うまくいく方法」があれば起業したい、と思っているのかもしれませんね。

 

そういう方法がなければ、起業しないというのです。

 

 

 

でも、

 

事業が成功するかどうか、最初からわかる人はまれです。

 

 

 

成功する事業計画があるのではなく、事業を成功させられる人がいるかどうかなのですね。

 

 

成功させられる人は、たとえ事業計画に不備があっても、事業がうまくいかなくても、常に修正し、試行錯誤しながら、あきらめずに前に進み続けます。

 

 

 

一方、

 

「成功する事業計画」を求める人は、うまくいかないと、計画のせいにしたり、他人のせいにしたりしてしまいます。

 

 

 

 

私のメンターの福島正伸先生の言葉を贈ります。

 

「他人に期待するのではなく、自分に期待する」

 

 

大切にしたい言葉です。

 

 

さあ、今日も、夢に向かって、一歩ずつ!

 

「自然界の法則で、自分らしく」

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにて講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

ミッションメンタリング協会
定例セミナー(特別公開版)

算命学の星の名前に刻まれたあなたの生き方

PAGE TOP