博士の応援ブログ

ミスター・ラグビーの教え

こんにちは!篠田法正です。

 

前回、東洋の帝王学、東洋史観では、

リーダーに必要な求心力の高め方ということで、

金(攻撃)、水(習得)、木(守備)、火(伝達)のエネルギーを強める行動が必要ということをお伝えました。

 

 

今日は、前々回にご紹介した、

ラグビー日本代表監督の平尾誠二さんに、再び登場いただきます。

 

平尾さんは、

チームワークが最も重要となるラグビーの世界で、輝かしい実績を残しています。

 

伏見工業高校で全国優勝、

同志社大学で大学選手権3連覇、

神戸製鋼では入社3年目から7年連続日本一、

ラグビーW杯に3大会連続出場などを果たし、

ミスターラグビーとも呼ばれました。

 

平尾さんも、ご自身の実践的な経験から、

リーダーには、「求心力」こそが最も必要と言っています。

 

 

そして、求心力を持つための4つの要素を挙げていますのでご紹介します。

 

1つ目は、「専門性」です。

その分野について、この人は自分より知っている、

よく研究していると感じる人には、ついて行こうとします。

 

これは、五行で言うと、「水」になりますね

 

 

2つ目は、「人間性」。

人から尊敬され、

「もっと頑張って、この人にお返ししたい」と思えるような人間性のことです。

 

メンバーをよく観察して承認し、褒めたり、喜んだり、応援したりする

情熱を持っていると言う意味で、「火」になると思います。

 

 

3つ目は、「一貫性」です。

言っていることが、そのときどきによってコロコロ変わったり、

バラバラだったりしては、信頼は得られません。

 

これは、目標、信念を守り通すと言う意味で、五行論では「木」になるでしょう。

 

 

4つ目は、平尾さんらしいのですが、「怒ったら怖い」だそうです。

「この人は怒らない」と思われてしまえば、どうしてもなめられる。

言葉に重みもなくなり、「このくらいやればいいだろう」とメンバーは考えてしまうからです。

「なんとしても目標を達成する」と言う強い意志、

熱を感じさせるために、怒ったら怖いというエネルギーが必要なのだそうです。

 

これは、「金」の攻撃エネルギーですね。

 

 

平尾さんは、この4つを自分なりにバランスを取れば良いと言っています。

 

ちょうど、五行の水、火、木、金のバランスになるのですね。

 

 

結果を出し続けたリーダーの言葉が、

五行論をベースにする東洋史観の教えと共通するのは、

実に興味深いです。

 

では、またお会いしましょう!

 

トイロキャラがLINE スタンプになりました!

トイロキャラLINEスタンプは、
【LINE STORE】にて購入できます。
(トイロキャラと検索して下さいね)

PAGE TOP