その能力を宿命的に持っているがゆえに…

博士の応援ブログ

こんにちは! 篠田法正です。

 

東洋運命学で色々な方の相談に乗っていると、面白いことに氣づきます。

 

それは、「その能力を宿命的に持っているがゆえに、そのことを過小評価してしまう」ということです。

 

 

 

 

例えば、ハートフル(禄存星、土の陽の十大主星)を持っている人は、一般的には、投資・運用の能力を持っていると言われています。

 

ところが、ハートフルを持っている人が、「あまり当たっていないですね。私、投資なんて、全然ダメだと思います。」とおっしゃいます。

 

もちろん、宿命的にその能力を持っているからといって、それはもともと潜在的なものなので、その人がまだ、活かしていないということもあります。

 

 

そうかなあと思って、よく話を聞いてみると、

「投資といっても、まだ、小さなアパートを2棟だけだし、去年アメリカに土地を購入してみただけだし、全然大したことないんです」とのこと。

 

おやおや、世間一般からしたら、とても投資の意識と能力をお持ちだと思うのですが。。。

 

 

つまり、宿命能力を持っているがゆえに、「ここまでできて当たり前」という基準が高いのです。

 

そして、その基準に比べて、自分はまだまだだなあと思ってしまう傾向にあるのです。

 

もちろん、人と比べる必要もないですし、能力の発動に時間がかかってもいいのです。

 

 

自分の宿命能力をどう活かしていくか、その能力を持って生まれたことにどんな意味や目的があるのか、人生を丁寧に生きていくことが重要なのですね。

 

 

篠田法正

バックナンバーを読む

■博士の応援ブログ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/hakase/

■ヤギママこらむ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/yagimama/

PAGE TOP