博士の応援ブログ

占いが当たらない人は、幸いです。

私は、もう十年以上、
算命学という占いの学問を使って

のべ2000人以上の
宿命分析・相談をしてきました。

 

「ちょっとみて」と言われて
簡単に見てあげた場合や、

有名人の事例研究などを入れると、

おそらく1万人以上の
宿命分析をしてきたように思います。

 

 

算命学は、
さすが3千年の歴史に
耐えてきた占いだけあって、
よく当たります。

 

当たらないようなら、
とっくの昔に人々に見捨てられ、
消えているはずです。

 

実際に、私が相手の方の宿命
(性格、気質、思考パターン、好み、才能など)を分析すると、

「なんでそんなによくわかるの?」と
驚かれることがほとんどです。

 

ただし・・・、

宿命の中でも、特に才能についてだけは、
分析結果を聞いても「ピンとこない」
言われることがあるのです。

 

そして私は、面白いことに気づきました。

 

それは、相手の才能を見てあげたときに、
感激の声をあげながら、

「うわあ、すごいな。100%当たっている、その通り!」

という人は、
実際に人生やビジネスで
成功していることが多いということです。

 

それに対して、
「うーん、それが私の才能ですか?」

という人は、
どこか人生がうまくいっていないことが多いのです。

 

 

これはつまり、
「100%当たっている」と感じる人は、

自然に本来の自分の才能を十分に活かしていて、
だからこそ、成功していると思うのです。

 

一方、「当たっていない」という人は、
自分の持って生まれた才能に気づかず、

ある意味、「違う自分」を生きていて、
才能を活かしきれていないのではないでしょうか?

 

だとしたら、「当たっていない」と感じた人は幸いです。

 

算命学で、
本来の自分の才能を把握し、
その活かし方を知って行動すれば良いからです。

 

そうすれば、人生が無理なく成功に向かうのです。

 

むしろ、「当たっていない」と感じた分だけ、
大きく運命を好転させることが可能です。

伸びしろが大きいということなのです。

 

 

もちろん、「当たっている」と感じた人も幸いです。

 

自分の才能をさらに深く知り、
もっとうまく活かす方法を知ることで、

今以上に自分らしく、
充実した人生を
つくっていけるということになります。

 

 

この度、

算命学を使って、
自分の持って生まれた才能を見つけ、

それを活かす方法について
まとめた本を出版します。

 

5月下旬には、書店に並ぶと思いますが、

それより前に、
出版をお祝いする、楽しいお祭りを企画します。

 

詳しくは、またお知らせいたします。

お楽しみに!

 

では、またお会いしましょう。

 

自然界の法則で、自分らしく。

篠田法正でした。

PAGE TOP
string(69) "/home/mmplat/mmp.or.jp/www/cms/wp-content/themes/mmp201806/single.php"