ミッションメンタリングのキャラクタリゼーション(分析)で使用されるキャラは全部で10種類です。

博士の応援ブログ

ミッションメンタリングの『キャラクタリゼーション(分析)』で

使用されるキャラは全部で10種類です。

十人十色(じゅうにんといろ)のトイロキャラと呼んでいます。

 

才気あふれる漫画家さんと何度も打ち合わせて、

キャラの意味を十分に表現できるようにデザインしてもらったキャラクターたちです。

 

キャラたちの色は、木・火・土・金・水の五行を表しています。

 

 

例えば、イノセント

子供のように無邪氣で自然体のキャラです。

時にのんびり、時に愉快に楽しみます。

このキャラを持つ人が部屋に入ってくると、雰囲気が明るくなります。

 

赤色は、五行の「火」を表します。

火は、すなわち伝達本能です。

イノセントは、広く公平に何かを伝えようとします。

 

算命学では、

自分が宿命的に持っている個性を十分に活かしきることで、

運が開いていくと考えられています。

 

あなたが宿命的に持っているキャラは何でしょうか?

 

人生の何かを変えるためには、まず、自分を知ることから始まります。

篠田法正

ー人を応援したい人にきてほしいー
所詮、人間も自然の一部。その私たちの「命」の使い方について考える。

Ring the Bell

2018年9月21日開催
一般社団法人ミッションメンタリング協会設立記念イベント“Ring the Bell”

協会設立記念イベントRing the Bell
協賛してくださる方を募集しています

・協会の理念や目指すビジョンに共感していただいた方
・当日、イベントには参加できないけれど、応援してくださる方
・個別運命学相談などの協賛特典に興味のある方

協賛いただいた方には、
お名前の掲載、広報とともに、クーポンなどのお礼をご用意しております。

こちらのページをご覧ください
→ https://lp.mmp.or.jp/fukushima3

PAGE TOP