そのアイデアはダメ?

博士の応援ブログ

こんにちは! 篠田法正です。

 

 

いつだったか、こんなことがありました。

 

とある起業志望の方から相談されました。

 

「***というアイデアで、事業をやりたいのですが、どう思いますか?」

 

不安そうに私に聞いてきたので、逆に聞き返しました。

「なぜ、そんなことを聞くのですか?」

 

「いえ、今まで、起業支援の専門家の人に聞いたら、結構、ダメ出しされてしまったので」

 

 

そこで、私は、こんな話をしました。

 

**********

アメリカの名門エール大学でマネジメントを講義している教授が、

学生の提出した全米翌日配達サービスの計画書を批評して言いました。

 

「この考えは面白い。計画はまあまあ良くできている。

だが、C以上の成績をとるためには、この考えが実現可能なものでなくてはならない。」

 

つまり、「無理だ、やめておけ」と言っているのです。

 

しかし、

この計画書を提出した学生は、のちにFederal Expressを設立したFred Smithだったのです。

 

見事にやってのけたのです。

**********

 

 

あなたのアイデアに自信をもとう。

 

できるか、できないかではなく、

やりたいか、やりたくないか。

 

それが判断基準。

 

 

批判する人に限って、自分は成功していない場合が多い。

 

成功している人は、アイデアの良い悪いではなく、

アイデアを実現させる意思の強さを見て判断するはず。

 

だって、成功した人自身がそうだったから。

 

 

批判されたら、それをバネにすればいい。

燃える闘志は、何よりのガソリンになる。

 

欠点を指摘されたら、それに感謝すればいい。

アイデアを磨いて、良いものにするチャンスだ。

 

いわゆる、専門家に相談しないほうがいいかもしれない。

専門家は、できない理由を探すのが上手な人のことをいうのだから。

 

 

できないと言われたら、

 

できたら最高、

できたら世界一、

できたら大発明、

できたら天才、

できたら儲かる

 

と考える。

 

 

その相談者に聞きました。

「その事業、やりたいんですよね?」

「あっ、はい、もちろんです。」

 

「あきらめたくないんですよね?」

「はい!」

 

「じゃあ、どうやったらできるかを考えればいいんですよね。」

「はい!」

 

 

人は、YESが3回続いたら、もう、進み始めるものです。

 

 

では、またお会いしましょう。

篠田法正

生まれてきた意味を、 自然界の法則から導いて、 自分らしく生きる
ミッションメンタリング

↑ ↑ ↑
《認定講師主催》プレ講座の日程検索はこちらをクリック

もしくは、《協会主催》プレ講座にご参加ください。
毎月第一土曜日開催中 → 詳細ページ


【2期生】12月開講

1期プレFB用バナー

ミッションメンタリング
インストラクター養成講座
プレ講座 & 説明会

2019年9月から開始
東京・名古屋
https://lp.mmp.or.jp/preseminar20192M
 

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

無料メールセミナー


人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

この度、一般社団法人ミッションメンタリング協会は、日本中の志の高い協会が応募する【協会アワード2019】で、映えある『教材開発部門賞』をいただきました。https://mmp.or.jp/blog/2019/05/31/83/

バックナンバーを読む

■博士の応援ブログ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/hakase/

■ヤギママこらむ一覧
https://mmp.or.jp/blog/category/yagimama/

56276060_2310139345922730_5129798226970411008_n
PAGE TOP