博士の応援ブログ

才能開花を加速するのは「目的」である

こんにちは。篠田法正です。

 

この応援ブログでは、これまでにも、

人は生まれながらにいくつかの才能のタネを持って生まれてくる

というお話をしています。

 

才能のタネは、そのままでは、才能ではありません。

人生の様々な環境の中で経験を重ねていくうちに成長し、開花して才能となるわけです。

 

この才能のタネの成長・開花を劇的に加速するものがあります。

 

それは、「目的」です。

 

 

興味深いことに、人が持って生まれる才能のタネは、

目的や方向性があることで成長が加速され、

より早く才能を開花させ、より強く輝いていくのです。

 

 

貫索星(ストレート)という、直進・継続性の高い才能のタネを持つKさん。

以前は、他人の言動に振り回され、イライラすることが多かったと言います。

 

ある時、知人の紹介で、算命学に出会い、自分の才能のタネに氣づきました。

そして、「自然界の法則で自分らしく輝く人を増やす」という理念(目的)に共感してミッションメンタリング協会に参加しました。

 

会員のサポートをしながら成長するという目的を持つことで、真っ直ぐに進み続けることができ、イライラが激減しました。

自ら考え、目的達成に必要な様々なスキルを身につけ、今では多くの会員から感謝の声が絶えないスーパーサポーターとして活躍されています。

 

 

あなたが持って生まれた才能のタネは何か、ご存知ですか?

 

中心的な才能のタネは、こちらから知ることができます。

まだ知らない方は、生年月日を入力して調べてみてくださいね。

 

 

才能のタネは10種類あります。

それぞれ、どんな「目的」を持てば良いか、簡単にヒントを示しますので、参考にしてみてください。

 

ストレート:何かに向かってまっすぐ進む目的を持つことで、ブレずに強い前進力を発揮できる。

 

ハーモニー:和合協調する目的がなければ、異なる思いを持つ人間関係の煩わしさに翻弄されてしまう。

 

イノセント:何のために楽しむのか、目的がはっきりすると、より楽しむことができる。

 

フォーカス:自分の美意識にかなう目的が見つかると、集中力や感性が高まる。

 

ハートフル:応援を受けて何を実現するのかという目的を明確にして奉仕すれば、引き寄せ力はより高まっていく。

 

リアリティ:何のために収集蓄積するのかという目的が不明確だと、余計なもの、不都合なものまで溜め込んでしまう。

 

スピード:目的なく刀を振り回すと暴力になってしまう。問題解決という目的や義理のために動きたい。

 

プライド:集団の目的のために、スマートに動いて実績をあげたい。

 

ユニーク:新しく工夫展開する目的を決めないと、興味本位で無闇に放浪することになり、体験学習も徒労に終わってしまう。

 

セオリー:何のために学ぶのかという目的を明確にすると、吸収力は高まり、効率的な知識の使い方ができる。

 

 

それでは、また、お会いしましょう。

 

持って生まれた才能を生かす人生の目的、真のミッション、自分軸を見つける本を書きました。

2月6日からの発売に先立ち、

1月1日から9日までの期間限定で、予約購入すれば特典がもらえるキャンペーンをやっています。

いますぐ、こちらをチェックしてみてください。

 

 

\5期生募集中/

ミッションメンタリングマスター養成講座 2022年2月から開講

相手を読み解き、相手が自然に動き出すスキル「ミッションメンタリング」を身に付けたい方は、入門講座&本講座説明会からどうぞ。(1月9日、13日、15日、20日、22日の開催で5期募集は終了致します)

PAGE TOP