ああ、なんでこんなことに!!!

こんにちは!篠田法正です。

 

 

私は、よく、この応援ブログで、

 

「宿命は変えられないけれど、運命は変えられる」

 

という話をします。

 

 

 

運命というものは、

 

生まれ持って決まっている宿命と、環境との組み合わせで出来上がるものですので、

 

 

環境を変えることによって運命は変えられるということです。

 

 

 

ただ、そうは言っても・・・

 

という場面は、ありますよね。

 

 

 

日常生活で、突然困った状況になることがあります。

 

「ああ、なんで、こんなことに!」というように、目の前の出来事に困惑することありませんか?

 

 

 

例えば、一所懸命勉強してパソコンで明日のための資料を作り、あともう少しで完成だというときに、突然パソコンが壊れてしまい、ファイルが消えてしまったとします。

 

 

プロに相談しても、ファイルの復旧は無理だそうです。

 

 

ああああ。

 

「なんて運命なんだ!」

 

 

 

ちょっと大袈裟でしょうか(笑)。

 

 

 

ファイルが消えたなんて嘘だ。そんなはずはない!

 

 

いくらそう考えても、無くなったものはもうでてきません。

 

 

そして、後悔の時間です。

 

さっき、休憩した時に保存しておけばよかった。

もっと早くから作業しておけばよかった。

壊れる前にパソコンを買い換えておけばよかった。

 

 

 

しかし、いくら後悔しても、この状況は変えられません。

 

目の前に起こっている現実です。

 

 

そして、パソコンに八つ当たりしたり、やけ酒を飲んだり、家族に当り散らしたりしても、何のいいこともなく、

 

 

運命は負のスパイラルに入っていきます。

 

 

 

 

どうしたらいいでしょうか?

 

 

このメルマガを、読み続けていただいている方は、もうお氣づきかもしれませんね。

 

 

 

そうです。

 

そんな時は、状況の意味を変えればいいのです。

 

 

 

こんな質問をします。

 

「この状況に感謝できることはなにか?」

「これは何のチャンスか?」

 

という質問です。

 

 

 

ひどいと思われている状況を、感謝できる状況に変えていくのです。

 

 

データは飛んでしまったけど、頭の中には、まだ残っている。

明日までに資料を作りなおすことによって、もっとよい資料ができるはず。

これは、きっと、現状に満足しないで、よりよい資料を作れということなのかもしれない。

 

 

 

実際、私もこういう場面に何度か遭遇しましたが、結局、一所懸命作り直した資料は、最初の資料より、数倍もよくなっていることがほとんどでした。

 

短時間で集中して作りなおすので、余分なものがなくなり、よりわかりやすく、シャープな資料になるのです。

 

そして、堂々と新しいパソコンを買う理由ができて、これまた嬉しいことではないですか。

 

 

 

状況そのものを変えることはできませんが、その状況の意味を変える。

 

 

それにより、行動が変わり、環境が変わり、環境が変われば、運命が変わります。

 

 

 

一見、悪い出来事に見えても、

 

その中に、必ずよい意味(チャンス)を見つけると強く心に決めれば、必ず、それは見つかるようです。

 

 

 

 

さあ、今日も充実した1日を!

 

 

では、またお会いしましょう。

「自然界の法則で自分らしく」

 

篠田法正でした。

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにてプレ講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

PAGE TOP