算命学で適職を見つける!

こんにちは!篠田法正です。

 

 

あるカップルの会話

 

男「ねえ、今晩、何か美味しいもの食べに行こうよ」

女「そうね、どのお店が美味しいのかな。失敗したくないから、SNSで調べてみてよ」

 

 

別のカップルの会話

 

男「ねえ、今晩、何か美味しいもの食べに行こうよ」

女「私、あなたと一緒なら、どんな料理も美味しく食べられるわ」

 

 

 

うーーーん、後のカップルの方が、幸せそうですね。

(え、そんなの最初のうちだけだよって? 笑)

 

 

 

さて・・・、

 

 

私は、算命学とメンタリングで、持って生まれた才能を活かすサポートをしています。

 

 

 

起業家、経営者、職場リーダーからの相談が多いのですが、たまに、若い学生さんから相談されることがあります。

 

これから就職活動をするにあたり、「私は、何に向いているのでしょうか」という相談です。

 

 

 

もちろん、算命学では、その人がどんな仕事に向いているか、すぐに見つけることができます。

 

 

 

ただ、私は、その結果をただ伝えるだけでなく、

 

その学生さんが、本当にやりたいこと、得意なこと、人に喜ばれることは何かを丁寧に聞き出して、一緒に考えていくことを大切にしています。

 

 

 

しかし、実際の就職活動の中では、企業の実際の内情や、仕事の中身などを詳しく知ることはできません。

 

また、希望にあう企業が見つからないことも普通です。

 

 

 

 

算命学高尾学館の宗家、故高尾義政先生は、かつて、こう教えています。

 

 

「算命学では適職を知ることができます。

 

ただ、どこかに、あなたにぴったりあう適職や、

 

理想の仕事が待っていると思うのは幻想です。

 

与えられた環境の中で、

 

自分の才能を最大限に活かしていくことで、

 

やがて適職が決まるのです。

 

適職は、求めるものではなく、

 

自らつくり出すものなのです」

 

 

 

ですから、私は、就活中の学生さんに、このように言います。

 

「自分自身が、仕事を通して何を実現したいのか、働く目的や意味、譲れない背骨(自分軸)を決めてから就活してくださいね。色々悩むかもしれませんが、最後は、決断しましょう」

 

 

 

ある学生から、こんなメッセージがきました。

 

 

「真剣に考えた結果、◯◯に行くことに決めました。後悔はしてないです。全力でぶつかっていきます」

 

 

 

彼の文面に、強い決意を感じ取りました。

 

 

私からの返信。

 

結果を良いものにしようと努力し続けるかぎり、すべての決断は、よい決断です。応援しています。がんばれ~~」

 

 

 

 

就職と言うのは、ひょっとしたら、

 

「いかに美味しいごはんを食べるか」を考えるのではなく、

 

「いかにごはんを美味しく食べるか」を考えるということ

 

なのかもしれませんね。

 

 

 

 

今日も最幸の1日をつくっていきましょう!

 

 

「自然界の法則で自分らしく」

篠田法正でした。

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

ミッションメンタリング協会
定例セミナー(特別公開版)

算命学の星の名前に刻まれたあなたの生き方

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにてプレ講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

PAGE TOP