博士の応援ブログ

運を味方につけたいのなら忘れてはいけないこと

こんにちは!篠田法正です。

 

 

夏休みですね。

 

家族でお過ごしの方も多いと思います。

 

 

 

私には、息子と娘がいます。もう二人とも、独立して家を出ています。

 

 

よく、子供は親の性格に似ると言われますが、算命学では、性格は遺伝しないとされています。

 

 

親子で似ているように見えるのは、無意識に似ているところを探して、強調して捉えるからだと言われています。

 

 

 

我が家では、私が、妄想好きな性格で、すぐに夢とかビジョンとかを言葉にして、なんとなくフワフワしているのですが、子供たちは、二人とも現実的で、しっかりしています。

 

 

数年前、まだ娘と息子が家にいた頃の、ある晩のできことです。

 

夕食に、活きのいい、脂ののったおいしい刺身が出ました。

 

炊きたてのアツアツご飯に、わさび醤油の刺身。

 

4人で囲む食卓は、最高に幸せな時間でした。

 

大皿に盛られた刺身は、次々となくなっていき、最後の一切れが残りました。

 

 

子供たちは、最初に、「1人5切れずつね!」と念を押していたのですが、

 

なぜか一切れ残りました。

 

 

 

私の心の中で葛藤が始まりました。

 

(誰が一切れ食べていないのかな?)

(もし、余っているなら、食べたいな。)

(でも、最後の一切れを楽しみにとっている人がいるに違いない。)

(でも、ずいぶん長い時間残っているな。いらないんじゃないか。)

(食べたいな。でも言いだすのは大人げないな。)

 

(うーん、どうしよう。。。)

 

 

 

すると突然、息子が、

 

「この一切れ、誰?」

 

娘「私の」

息子「くれ!」

娘「いいよ。」

 

息子、パクッ。

 

私:(えーーーー!)

 

 

 

 

 

私は、聖書の言葉を思い出しました。

 

 

求めよ、そうすれば与えられるだろう。

捜せ、そうすれば見出すであろう。

門をたたけ、そうすれば開けてもらえるだろう。

「マタイによる福音書」七章

 

 

 

そうだった!

 

欲しければ、欲しいと言えばいい。

 

 

 

独立起業した頃、メンターの一人から、同じことを言われました。

 

 

「日本人は、奥ゆかしさをよしとするけれど、

自分らしい人生を成功させたいのなら、夢や目標を明確にして、欲しいものは欲しいと言いなさい。

 

言わなければ、誰もわからないし、誰もあなたを助けることができない。

 

人は、本能的に、助けあわないと生きていけないと思っているし、だから、いつも誰かを助けたがっているものだ。

 

 

起業するなら、これだけは忘れないこと。

 

欲しいものがあれば、欲しいと言いなさい。

 

 

 

そうでした。

 

息子と娘に、大切な教えを思い出させてもらいました。

 

 

 

さあ、今日も、夢を生きていきましょう。

 

自然界の法則で、自分らしく。

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

【相手を知り、相手を動かす、ミッションメンタリング。入門講座 開催中】

詳細はこちら→https://lp.mmp.or.jp/nyumon0

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

あなたの中心的な宿命の星を知ることができる「キャラクター診断」つき

ミッションメンタリング®︎
本格メールセミナー

相手が“自然に”動き出す
3つの技術

(無料、全5回)
行動の理由がわかる
“キャラクター診断”つき
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC

自分軸確立ストーリー
“私”らしく輝く

私の人生、なんで、うまくいかないのかな・・・。

そうか、私、自然に逆らってたんだ!

これは、とある女性が、本当の”自分らしさ”に氣づき、自分軸(人生ミッション)を見つけ、起業に成功した、実際のお話を、ご本人の脚本、主演により再現した動画です。

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにて講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

PAGE TOP