博士の応援ブログ

私がやる気をなくしてしまった理由

こんにちは。篠田法正です。

私は、経営コンサルタントを始めて15年ほど経ちます。

3つの法人を立ち上げ、いろいろな事業をやってきました。

昨年は、本を2冊出版しました。

 

そんな私も、自分の不得意な分野、

ノウハウを持たない領域に関しては、

積極的に専門家のコンサルティングを受けるようにしています。

 

 

普段、コンサルティングをしている私が、

逆にコンサルティングを受ける立場になった時に

「ああ、これはやっちゃいけないな」

と気づくことがあります。

 

先日受けたコンサルティングがそうでした。

 

私が抱えている問題をすぐに見つけて、

たくさんのアドバイスをくれました。

 

ところが、その時の私は、

アドバイスされれば、されるほど、

やる気を失っていったのです。

 

やる気が出ないので、動かなくなりました。

動かないので結果が出ませんでした。

 

そして、結果が出ないまま、

コンサル料を支払いました。

とても残念でした。

 

 

 

なぜ、こんなことが起こったのでしょう。

 

それは、そのコンサルタントが、

こちらのことをよく理解していないということが明らかだったからです。

 

 

他の一般的なクライアントではなく、

「私」という個性のクライアントが、

どんな人なのか、よくわかっていないまま、

欠点の指摘、アドバイスの応酬だったのです。

 

私が、

何を考え、何に悩み、何をやりたいのか、

何が得意で、何が不得意なのか、

何を大切にし、何が嫌なのか、

理解しようとさえしてくれなかったのです。

 

そんなことってあるのでしょうか?

 

 

実は、これは、よくあることです。

 

多くのコンサルタントは、

自分のスキルの高さを理解してほしい、

自分のアドバイスを実行してほしい、

と考えますが、

 

自分のことを理解してもらう前に、

相手のことを理解しなければならないのです。

 

そんな当たり前のことが、できないことが多いのです。

 

 

「まず相手のことを理解する重要性」を痛感しているコンサルタントは、

相手を分析するためのスキルを磨くことに余念がありません。

 

そして、そういうコンサルタントこそ、

いわゆる、「お願いされるコンサルタント」なのです。

 

 

 

もしも、あなたが、

コーチ、コンサルタント、カウンセラー、

教育者、あるいは親という、人を導く立場の方だとしたら、

あるいは、これからそういう立場になろうとしている方だとしたら、

お知らせしたい講座があります。

 

「ミッションメンタリング入門講座」

相手を瞬時、かつ、多面的に分析し、

その気にさせて動かすスキルについてお伝えする講座です。

こちらをご覧ください。

\6期生募集スタートです/

宿命を分析し、才能を見極め、自分軸をつくるコーチング手法『ミッションメンタリング』
先の見えない現代に、人を導く立場にいるコーチ、コンサルタント、親、教育者、リーダー、経営者の方々にとって、必須のスキルです。
そのミッションメンタリングを学ぶ講座が期間限定で開講されます。
まずは、入門講座からご参加ください。
→ https://lp.mmp.or.jp/nyumon0

(↑の画像をクリックすると移動します)

PAGE TOP