夢と理想の違い

こんにちは!篠田法正です。

 

 

今日は、吉田松陰の言葉を引用します。

 

夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、

実行なき者に成功なし。

故に夢なき者に成功なし。

 

 

あらためて、をもつこと、そして実行することの大切さを思い起こしてくれる言葉です。

 

 

ふと思いました。

夢と理想って、どう違うのかな?

 

 

 

夢は、漠然としていてもよく、わくわくするもの、イメージ、ときに妄想だったりします。

 

 

これに対して理想は、夢を明確にして、具体的に「こうありたい」という設計図みたいなもの。

 

 

 

理想って、理の想念ということですから、「理」的であるのに対し、

 

夢は、わくわく感というように、「情」的なものがありますね。

 

 

 

吉田松陰先生の言葉によれば、

 

夢 → 理想 → 計画 → 実行 → 成功

 

という順番になっています。

 

 

ここでは、

 

情的・抽象的 → 理的・具体的

 

という順番になっていますね。

 

 

 

ですから、私がよく企業研修の際に、「夢」という言葉を使うと、

 

「夢なんて・・・」 という拒否反応を示す参加者にでも、

 

 

「理想の」

 

 

という理的な表現をすると、納得してもらえることがあります。

 

 

 

あなたも「こうなりたいなあ」とぼんやりと思ったら、

 

具体的に、理想の状態を描いてみる。

妄想やアイデアを、数字や写真、イラストにみる。

 

 

そうすることで、次第に現実に向かっていくわけです。

 

 

 

夢も大切、理想も大切。

夢を語ったら、理想を描く。

 

 

要するに、成功のためには、情と理のバランスと循環が必要ということなのですね。

 

 

 

さあ、今日も充実の1日をお過ごしください。

 

「自然界の法則で自分らしく」

篠田法正でした。

まずは、ここから
↓ ↓ ↓

ZOOMにてプレ講座開催中
開催日程検索、お申し込みはこちら
https://mmp.or.jp/schedule/course/pre/

東洋に古来伝わる自然界の法則で
人が自発的に動く!

無料セミナーバナー20190610

5日間の無料メールセミナー

人間が持つ10種類の想念(価値観)を知ることで、モチベーションをかけなくても、相手が自分から動き出すように導く技術
https://lp.mmp.or.jp/mailseminarC
 

PAGE TOP